« 「ある天文学者の恋文」:語り口のテクニック | トップページ | 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう »

2016年10月17日 (月)

「永い言い訳」:厄介なダメ男の系譜

356113_001

映画『永い言い訳』は、西川美和監督らしいシニシズムと毒気を孕みながら、物語の先への光明も感じさせる作品となりました。子供たちが重要であり、かついきいきとしている事においては、師匠の是枝裕和監督っぽいと言うことができるかも知れません。

356113_004
そう、子供二人がめっぽう良いのです。上の男の子の知性ともろさもいいけれど、下の女の子がもうかわいらしいったらありゃしません。発する言葉の一つ一つが面白いのなんの。しかもどことなく西川美和監督に似ているように思うのですが・・・。いやー、この子だけずっと見ていたい感じです。

356113_003

主人公の本木雅弘が自意識過剰かつシニカルな、とにかく面倒くさい奴で、そりゃー奥さん(深津絵里)から見放されもするよなーって感じでした。特に酒癖も悪くて、飲むと『人間失格』的で、「生れて、すみません」状態になってしまうのです。そういう時の毒の吐き方は、西川作品の登場人物にふさわしいものです。つき合いきれません。 そうそう、彼を見ていて、ちょっとワイルドさを加えた森雅之だなと思いました。日本映画伝統の「厄介なダメ男」の356113_006系譜に連なる好演です。これ、長谷川博己にもやらせてみたい役って気がします。

彼に対して、真逆のキャラクター=竹原ピストルを配するあたり、定石ですが、それによって物語が自然にドライヴしていきます。  また個人的には、メガネで吃音の山田真歩がなかなか良かったですね。

ふかっちゃん(深津絵里)が冒頭の出演だけで、作品自体に「不在の気配」を漂わせ、これがハマりました。彼女ならではだと思います。

|

« 「ある天文学者の恋文」:語り口のテクニック | トップページ | 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/67983086

この記事へのトラックバック一覧です: 「永い言い訳」:厄介なダメ男の系譜:

» 『永い言い訳』 “他者”とは誰のこと? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ゆれる』『夢売るふたり』などの西川美和監督の最新作。  原作は西川美和自身の書いた同名小説で、これは直木賞候補にも選ばれた作品。  テレビのバラエティ番組にも出演したりもする人気小説家の幸夫(本木雅弘)は、ある日突然、妻・夏子(深津絵里)を事故で失う。その知らせを受けたとき、幸夫は妻の居ぬ間に自宅に愛人(黒木華)を連れ込んでいたところであり、世間の同情をよそに幸夫は涙を流...... [続きを読む]

受信: 2016年10月17日 (月) 23時14分

» 永い言い訳〜自家中毒的作家論 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。西川美和原作・監督。本木雅弘、深津絵里、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子、池松壮亮、黒木華、山田真歩。のっけから何か是枝裕和監督の「そして父にな ... [続きを読む]

受信: 2016年10月17日 (月) 23時28分

» 「永い言い訳」☆言い訳の答え [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
今年一番の邦画との呼び声も高い、西川美和監督が自らの小説を映画化した作品。 もっくんが出演する映画なら間違いはない・・・・というのは事実だった。 笑いも有り、私なんて結構ずーっとウルウルし通しだったくらいだけど、ここはさすがの西川美和作品、一筋縄ではいかない。 「いったい何を言い訳していたのか?」は明確にはされないのだから・・・・... [続きを読む]

受信: 2016年10月19日 (水) 00時16分

» 永い言い訳 [to Heart]
上映時間:124分 原作:脚本:監督 西川美和 本木雅弘/竹原ピストル/藤田健心/白鳥玉季/堀内敬子/池松壮亮/黒木華/山田真歩/深津絵里 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫...... [続きを読む]

受信: 2016年10月19日 (水) 12時04分

» 永い言い訳 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
不倫の最中に妻を事故死で亡くした最低の男がその喪失感と贖罪を乗り越えて、再生するまでを丁寧に描いた秀作だった。セリフに頼らないで演技で気持ちを表現しているので想像力が必要だ。... [続きを読む]

受信: 2016年10月19日 (水) 15時04分

» 永い言い訳 ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「ディア・ドクター」「夢売るふたり」の西川美和監督が、直木賞候補ともなった自身の同名ベストセラーを映画化したヒューマン・ドラマ。妻が不慮の事故で亡くなったにもかかわらず悲しむことができなかった主人公が、同じく事故で妻を亡くした男性とその子どもたちと出会...... [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 19時46分

» 永い言い訳 [象のロケット]
人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、妻・夏子が旅先でバスの事故に遭い、親友ゆきと一緒に亡くなったという知らせを受ける。  ちょうどその時に不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできなかった。  ある日、ゆきの夫でトラック運転手の大宮陽一と顔を合わせた幸夫は、ふとした思いつきから、陽一の子どもたちの世話を買って出ることに…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年10月21日 (金) 15時35分

» 「永い言い訳」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本/AOI Pro.=テレビ東京=アスミック・エース配給:アスミック・エース 監督:西川美和原作:西川美和脚本:西川美和プロデューサー:西川朝子、代情明彦撮影:山崎裕 第153回直木賞候... [続きを読む]

受信: 2016年10月23日 (日) 23時46分

» 永い言い訳 [映画好きパパの鑑賞日記]
 また、今年ベスト級の作品の登場です。西川美和監督が、男の愚かさ、いやらしさ、そしていとおしさをちょっと突き放したトーンで描いた、女性監督ならではのラブストーリー。「ゆれる」「ディア・ドクター」など評価が高い監督ですが、彼女の最高傑作では。  作品情報…... [続きを読む]

受信: 2016年10月30日 (日) 06時44分

» 永い言い訳  監督/西川美和 [西京極 紫の館]
【出演】  本木 雅弘  竹原 ピストル  藤田 健心  白鳥 玉季  深津 絵里 【ストーリー】 人気小説家の津村啓こと衣笠幸夫の妻で美容院を経営している夏子は、バスの事故によりこの世を去ってしまう。しかし夫婦には愛情はなく、幸夫は悲しむことができない。そんな...... [続きを読む]

受信: 2016年10月31日 (月) 23時11分

» 『永い言い訳』の幸福感 [Days of Books, Films ]
西川美和監督の映画は『ゆれる』が見事にそうだったように、いつも相対する人と人の微 [続きを読む]

受信: 2016年11月 1日 (火) 17時03分

» 永い言い訳 [映画的・絵画的・音楽的]
 『永い言い訳』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)西川美和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、椅子に座った衣笠幸夫(小説家の筆名は津村啓:本木雅弘)の髪の毛を、妻の夏子(深津絵里)がハサミを入れて切っています。  TV画面には、幸夫が出演しているバラエティ番組が映し出されていて、それを見ながら夏子が笑います。  すると、幸夫は「もう消せよ、くだらない」「ヌエ(鵺)のことなんか語ってどうすんだって思ってるんだろ?」と詰りますが、夏子は「思ってません」... [続きを読む]

受信: 2016年11月 1日 (火) 21時47分

» 永い言い訳 [あーうぃ だにぇっと]
永い言い訳@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2016年11月 1日 (火) 22時21分

« 「ある天文学者の恋文」:語り口のテクニック | トップページ | 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう »