« ベルマーレ、柏を撃破し準々決勝へ | トップページ | 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」:芸術を生むためのバトル »

2016年11月13日 (日)

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」:バカですねー

357285_003
映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は、リチャード・リンクレイター監督の新作。1980年夏のアメリカのおバカな青春を描きました。『アニマル・ハウス』とかそういったノリですね。若年版『ハングオーバー』みたいでもあります。

357285_006

バカなのはともかく、いくらなんでもトウが立ちすぎですよね、こいつら。物語の中では実は30歳だった奴なんかも出て来ますが、それ以外の連中もねえ・・・。とても大学生や、高校出たてには見えません(それ言ったら『クローズ』あたりだって、高校生には見えないけど)。

357285_004
’80年なので、ケータイなどは影も形もありませんし、CDすらありません。Tシャツだって、パンツ・インで着ています。そんな時代の描写に力点を置いてはいますけれど、あまりにおバカで体育会系過ぎて、上品で文化系の大江戸としてはノレませんでした。オープニングにザ・ナックの『マイ・シャローナ』がカー・ステレオから高鳴った時には、おっ!と思ったのですけどね。

1479042240581_convert_2016111322444
ところで、新宿武蔵野館が今年の年初からの長ーい耐震工事期間を終えて、11月5日にリニューアル・オープンしました。

1479042248077_convert_2016111322484

建物1FのZARAとかはまだ工事中なのですが、先駆けてオープンしております。 黒ベースに白木を多用したりして、サイン類も良いデザインで、かなりオシャレな感じに生まれ変わりました。

1479042256414_convert_2016111322495
ただ3つのスクリーンの座席配置やら何やらはそのままなので、相変わらず前の席に座高の高い人が来たらアウトという欠点はそのままなのがちょっと残念です。ま、建物の構造上、しょうがないとは思いますけれど・・・。

|

« ベルマーレ、柏を撃破し準々決勝へ | トップページ | 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」:芸術を生むためのバトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68414098

この記事へのトラックバック一覧です: 「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」:バカですねー:

» エブリバディ・ウォンツ・サム!! [Spice -映画・本・美術の日記-]
「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」 ユーロライブ(試写会) 1980年夏。ジェイク(ブレイク・ジェナー)は、野球のスポーツ推薦で大学へやってくる。そこ [続きを読む]

受信: 2016年11月14日 (月) 22時28分

» エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に [象のロケット]
1980年、夏。 高校時代はスター選手で、野球推薦で大学に入学することになったジェイク。 野球部の寮に着くと、野球エリートとは思えない風変わりな先輩たちの洗礼が待っていた。 ジェイクは、同じ新入生で演劇専攻の女性ビバリーに一目惚れ。 そして入寮初日だというのに、チームメイトと地元のディスコやカントリー・バーへ繰り出すのだった…。 青春ドラマ。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2016年11月16日 (水) 21時39分

» エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に/EVERYBODY WANTS SOME!! [我想一個人映画美的女人blog]
 「ビフォア・ミッドナイト」シリーズ、「スクール・オブ・ロック」 「6才のボクが、大人になるまで。」などのリチャード・リンクレイター監督最新作は原点回帰 夏休みを迎えた高校生たちの混沌の一夜を切りとった93年の「バッド・チューニング」の 精神的な続編との...... [続きを読む]

受信: 2016年11月24日 (木) 00時40分

« ベルマーレ、柏を撃破し準々決勝へ | トップページ | 「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」:芸術を生むためのバトル »