« 「逃げ恥」(ガッキー)最高! | トップページ | 日本代表のオマーン戦と永木のデビュー »

2016年11月10日 (木)

「コンカッション」:公開規模が小さ過ぎ!

357912_004
映画『コンカッション』は、ハリウッド伝統の上出来な告発ドラマでした。ソニー/コロンビア映画作品ですし、リドリー・スコット製作でウィル・スミス、アレック・ボールドウィン主演ですし、世が世ならかなりの話題作たり得たはずです。ところが公開規模が異常に小さくて、東京地区では第1週は角川シネマ新宿のみで、1日1回のみの上映。2週目に池袋HUMAXシネマズのレイトショーが加わり、角川新宿も1日2回の上映になったもののそこまでで終了。3週目以降は池袋HUMAXのレイトのみです。洋画ドラマ不振の時代の象徴のようです。それともNFLから手が回ったのか・・・(まさか)。

357912_002
(以降多少ネタバレあり) 実話に基づく物語ですが、確かにこのタブーを相手にするのは大変なことです。アメリカ人の「聖域」に真っ向から切り込むわけですから、普通無事ではすみません。あらゆる手を使ってつぶされますし、警察からFBIからマスコミからあらゆる所にいるフットボール・ファンが攻撃してくることでしょう。大江戸だって、サッカーでヘディング禁止だなんて言ってくる輩がいたら、ムムムと思ってしまいますもん(でも当然ヘディングも少なからずこれに近い危険性があるわけですよね)。

357912_006
ただ「大きな組織の横暴に立ち向かう個人」の(正義の)物語が好きな小生としては、主人公の勇気とこの映画を支持したいです。そしてハリウッド・メジャーでこの作品を作った関係者の勇気にも敬意を表したいと思います。だからこんな「DVDスルーにしないためだけの公開」じゃなくて、ちゃんとした規模で公開して多くの人に観てもらいたかったと思うのです。悔しいです。

本作中でもタバコと健康被害の問題が例示されますが、確かにこのリスクを知っていて、「でも大金を稼ぎたい」ということでやる分には自己責任(ボクシングのように)かも知れません。まずは真実を、科学を表に出すこと--それが主人公たちの戦いでした。

357912_001
ナイジェリア人に扮したウィル・スミスも静かに説得力がある演技ですが、本作では共演者を輝かせる達人=アレック・ボールドウィンが(役柄の良さもあって)素晴らしいです。物語においても、この人の存在で主人公がどれだけ助けられたことか(一人ではきっと無理だったことでしょう)。

それでもNFLはルールを変えるでもなく、今まで通り続いています。ま、大衆にとって「ローラーボール」みたいなものなんでしょうね。

|

« 「逃げ恥」(ガッキー)最高! | トップページ | 日本代表のオマーン戦と永木のデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68374108

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンカッション」:公開規模が小さ過ぎ!:

» コンカッション [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★☆【4.5点】(11) ウィル・スミス10年ぶりのヒット作!(ワタシ的に)^^ [続きを読む]

受信: 2016年11月10日 (木) 23時51分

» 映画:コンカッション Concussion スポーツ界の黒い影を告発。 が遂に遂に!(涙)、今週末 日本公開!  [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
2016年現在でもまだ進行中の事件が映画化。 今年のアカデミー作品賞「スポットライト」は聖職者のスキャンダル追及の物語で迫力があった。 「伝統」との闘いだったわけだが、こちらは「現在進行中」かつ「最高峰のコンテンツ」のスキャンダル。 その「最高峰のコン...... [続きを読む]

受信: 2016年11月11日 (金) 03時28分

» コンカッション / Concussion [勝手に映画評]
ネタバレあり。 事実に基づいた作品。様々な妨害に遭いながらも、NFLの選手たちに慢性外傷性脳症(CTE)が起きていることを明らかにした一人の医師の戦いを描いています。昔の話かと思いきや、2002年と比較的最近の話なんですね。驚きです。 NFLは巨大な組織ということ...... [続きを読む]

受信: 2016年11月12日 (土) 08時36分

» コンカッション ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
アメリカの国民的スポーツであるアメリカン・フットボールが、選手の脳に慢性的な深刻なダメージを与える危険なスポーツであることを立証した実在の医師ベネット・オマルの感動の実話をウィル・スミス主演で映画化した社会派ドラマ。全米を揺るがす衝撃の事実を突き止めて...... [続きを読む]

受信: 2016年11月30日 (水) 17時08分

» コンカッション [あーうぃ だにぇっと]
コンカッション@文京シビック小ホール [続きを読む]

受信: 2016年12月 3日 (土) 07時59分

« 「逃げ恥」(ガッキー)最高! | トップページ | 日本代表のオマーン戦と永木のデビュー »