« 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」:BORN TO BE BLUE | トップページ | 「ミュージアム」:「セブン」やら何やら »

2016年11月24日 (木)

「手紙は憶えている」:手紙じいさまの備忘録

357968_004
映画『手紙は憶えている』の原題は“Remember”。はい、確かにそういう映画です。 「認知症のヒットマン」なんて、非常に今日的なネタですよね。しかしながら、ナチスの残党を追って・・・という物語なので、かなりの重みもあるわけです。それでもアトム・エゴヤン監督は、前作『白い沈黙』に次いで、面白さとクォリティを両立させた作品を作り上げてくれました。

357968_006

クリストファー・プラマー演じる主人公のゼヴは90歳です。終戦後71年なので、そんなもんですよね。ということは、今を舞台に第2次世界大戦の生き証人のドラマを作る場合、現在がギリギリってことです。あと10年、いや5年たったら、作れなくなってしまうのでしょう。それ以降は舞台となる時代を設定する必要が生じて来ます。いずれにせよ、本作はおじいちゃん映画であり、主人公以外の登場人物も多くはおじいちゃんなのです。

357968_007
すぐに記憶をなくしてしまう、自分が何者かすらわからなくなってしまうという設定がサスペンスを生んで、面白いのです。『掟上(おきてがみ)今日子の備忘録』みたいなもんです。主人公ゼヴも今日子さんのように、(備忘のために)腕に文字を書いておりました。ナチス信奉者の家でのサスペンス描写(お手本のようなカット割り)などは、実によくできております。

357968_005

(以降ややネタバレあり) そして衝撃のラスト。なるほど、これはお見事です。これによって、作品はぐっとエンタテインメント寄りになりましたが、いいじゃないですか別にエンタテインメントだって。むしろ素晴らしいことです。しかもその中に、口当たりが悪く飲み込ない種のようなものを残してもいるのです。そして、そこがやはりエゴヤンなんですよね。あるいは「カナダ的」と言うこともできるのでしょうか?

|

« 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」:BORN TO BE BLUE | トップページ | 「ミュージアム」:「セブン」やら何やら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68569958

この記事へのトラックバック一覧です: 「手紙は憶えている」:手紙じいさまの備忘録:

» 【映画】『手紙は憶えている』認知症ナチハンター 復讐の旅路の果てに・・ [アリスのさすらい映画館]
手紙は憶えている(2015) カナダ/ドイツ 原題:Remember 監督:アトム・エゴヤン 脚本:ベンジャミン・オーガスト 出演:クリストファー・プラマー /マーティン・ランドー/ヘンリー・ツェーニー/ブルーノ・ガンツ 日本公開:2016/10/28 【あらすじ】 老人ホームに暮ら...... [続きを読む]

受信: 2016年11月25日 (金) 00時09分

» 手紙は憶えている [Spice -映画・本・美術の日記-]
「手紙は憶えている」 TOHOシネマズシャンテ 妻の死も覚えていられないほど、物忘れがひどくなった90歳のセヴ(クリストファー・プラマー)は、友人のマックス(マーティン・ラン [続きを読む]

受信: 2016年11月25日 (金) 00時20分

» 映画:手紙は憶えている Remember 緻密に組み上げられた エゴヤンの名人芸。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
アトム・エゴヤン新作。 彼といえば、カンヌでグランプリを獲得したスウィート ヒアアフター が有名。 多くの子供を巻き込んだ悲惨な事件後に生きる人々の苦悩と癒し、が響く作品だった。 そして、こちらも悲惨な事件、が物語に大きく関係している。 ただしその事件のスケールは比較にならないほど、巨大。 主人公は第二次世界大戦中、アウシュビッツで家族を殺されたユダヤ人なのだ! その主人公はすでに90歳...... [続きを読む]

受信: 2016年11月26日 (土) 09時08分

» 手紙は憶えている [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 カナダ&ドイツ  サスペンス&ドラマ  監督:アトム・エゴヤン  出演:クリストファー・プラマー      ブルーノ・ガンツ      マーティン・ランドー      ハイ ...... [続きを読む]

受信: 2016年11月26日 (土) 10時07分

« 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」:BORN TO BE BLUE | トップページ | 「ミュージアム」:「セブン」やら何やら »