« 「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作 | トップページ | 「ジュリエッタ」:ヴィヴィッドで美しい色、色、色 »

2016年11月21日 (月)

「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話

355711_001
映画『溺れるナイフ』は、期待の新鋭・山戸結希監督の商業映画デビュー作。確かに個性のきらめきを感じさせつつ、少女マンガ原作のエンタテインメントとしても一応成立させています。でも、そんなに好きな作品とは言えないかなあ。

355711_002

本作の小松菜奈と菅田将暉を輝いていると見るかナマクラと見るかで、作品評価は大きく違ってくるでしょうね。大江戸は後者だったので、なんだかイマイチでした。この二人だったら、『ディストラクション・ベイビーズ』の方がそれぞれ良いと思ったのが小生なのです。まあ、金髪の菅田くんのアルビノ的な白さや細さはあたかも妖精のようで、なかなか得難い個性だというのはわかりますが、この人あまり好きじゃないもんで。しかも、この主人公の俺様キャラ(神様キャラ?)もキライなので・・・。 一方、お姫様キャラ的な小松さんにしても、『渇き。』の得体の知れない神秘感に較べると、なんだか「作った」芝居でねえ・・・。ナレーションなどのエロキューションも素人っぽいですし。

355711_004
重岡大毅の大友君は、少女マンガ定番の「いいやつキャラ」。ホントにハートのある、いいやつなんです。でも主人公女子は、結局だめんずである主人公男子の方に行ってしまうってのも、少女マンガの定番。困ったもんです。

上白石萌音のキャラも相当わからんやつです。原作マンガにはもっと丁寧に描かれているのかと思いますが、この映画を見た限りでは、変に思わせぶりなだけで、なんだか危ない人になっちゃってます。困ったもんです。

355711_007_2

最近の山戸結希監督のインタビューやアンケートへの回答を『キネマ旬報』で読んだ時には、その知的でユニークな言語感覚に目を見張ったものですが、まあ作品の方は「そこそこ」に留まってしまったように思えます。どうせなら、もっと徹底的に「神話」を志向してくれた方が良かったのかも知れませんが・・・。でも、随所で見せるロングショットの長回しとかは、悪くなかったですよ(相米を持ち出したりはしませんけどね)。

|

« 「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作 | トップページ | 「ジュリエッタ」:ヴィヴィッドで美しい色、色、色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68528692

この記事へのトラックバック一覧です: 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話:

» 映画『溺れるナイフ』★ナイフの様な菅田さんと小松さんの瞳にヤラレル [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作 品について http://cinema.pia.co.jp/title/168798/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ 夏芽:小松菜奈       ~転入生 ・ 航一郎(コウ):菅田将暉 ~神主の子 (中)高校生男女の物語― 〇〇君が好き♪と言う気持ちはあれど あればあるほど、かすり傷がこすれるように痛むよ..... [続きを読む]

受信: 2016年11月22日 (火) 17時50分

» 『溺れるナイフ』 「遠くへ行きたい」という願いを叶えてくれる人 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『おとぎ話みたい』『5つ数えれば君の夢』などの山戸結希監督の最新作。  原作はジョージ朝倉の同名マンガ。  東京でモデルの仕事をしていた望月夏芽(小松菜奈)は、親の都合で田舎の家に引っ越すことになる。夏芽たちを歓迎する集まりの退屈さに家を出た夏芽は、立入禁止の海に入り込んでいくと、そこで長谷川航一朗(菅田将暉)と出会う。  観てきた人の感想を見ると、この作品はあまり評判が...... [続きを読む]

受信: 2016年11月22日 (火) 19時11分

» 溺れるナイフ [象のロケット]
東京から転校してきた15歳の美少女モデル夏芽と地元の少年コウは、一瞬で惹かれ合い付き合うことに。 しかし、火祭りの夜にある悲劇が二人を襲う。 深く傷つきコウと別れてしまった夏芽を救ったのは、同級生の少年・大友だった。 一方、コウには幼馴染のカナが、急接近してくる…。 ラブ・ストーリー。 ... [続きを読む]

受信: 2016年11月23日 (水) 00時18分

» 溺れるナイフ [映画好きパパの鑑賞日記]
 日本映画界を担う若手2人、小松菜奈と菅田将暉による、狂気をまじえたラブストーリー。山戸結希監督もまだ20歳で、独特の映像美など才能の片鱗はみられるけど、映画としてのまとまりはあと一歩というところが正直な感想です。  作品情報 2016年日本映画 監督:山戸…... [続きを読む]

受信: 2016年11月27日 (日) 07時30分

« 「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作 | トップページ | 「ジュリエッタ」:ヴィヴィッドで美しい色、色、色 »