« 日本、サウジを破りグループ2位浮上 | トップページ | 「湯を沸かすほどの熱い愛」:脚本の技量・演出の力量・演技の熱量 »

2016年11月16日 (水)

「オシム語録」を読んで

1479304957098_2_2
文藝春秋から出た『オシム語録 人を導く126の教え』(監修:田村修一)を買いました。もともとは『Number』およびメルマガに載せられた2006年以降のインタビューの中から印象的な言葉をひろったものだそうです。

「部下を動かす言葉」「リーダーシップに必要な言葉」「組織を構築する言葉」「人生に効く言葉」「日本人に告ぐ」の5章に計126の言葉が、その解説とともに掲載されています。基本的にサッカーの事を語っていますが、それが仕事や人生の金言にも置き換えられるのが、実にオシム流なのです。

ハッキリ言って、一つ一つの言葉はそんなにアッと言わせるものではないし、大好きな言葉を一つ選べと言われても難しいのですが、全体として迫ってくるのがオシムならでは。同じことを手を変え品を変え、繰り返し伝えているように思います。それがじんわりとしみて来るのです。

先日旭日小綬章を受章したオシムさんですが、そうそう日本はそれぐらいしてあげるべき日本サッカーの恩人だと思います。毎度の繰り言ですが、本当にあそこで倒れなかったらなあ・・・。一番見たかったパラレル・ワールドです。

|

« 日本、サウジを破りグループ2位浮上 | トップページ | 「湯を沸かすほどの熱い愛」:脚本の技量・演出の力量・演技の熱量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68457947

この記事へのトラックバック一覧です: 「オシム語録」を読んで:

« 日本、サウジを破りグループ2位浮上 | トップページ | 「湯を沸かすほどの熱い愛」:脚本の技量・演出の力量・演技の熱量 »