« 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話 | トップページ | 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」:BORN TO BE BLUE »

2016年11月22日 (火)

「ジュリエッタ」:ヴィヴィッドで美しい色、色、色

357895_004
映画『ジュリエッタ』は、ペドロ・アルモドバルの新作。小生は若き異才としてもてはやされた頃のアルモドバルよりも、ここ十年ぐらい、つまり『ボルベール 帰郷』('06)以降のアルモドバルが好きなので(『アイム・ソー・エキサイテッド!』は除く)、その流れで本作も大いに堪能できました。

357895_003

「女の(ほぼ)一生」です。そして母と娘の物語でもあります。 二人の女優に一人の女性の人生の前半と後半を演じさせるというのがミソ。まあ、杉村春子じゃないんだから一人で一生を演じるわけには行きません。そういった意味では極めて真っ当なのですが、なんだか奇策のようにも思えて来て、その最大のポイントは二人の女優のリレー・ポイント(結節点)。風呂から出た彼女が娘たちに頭からタオルをかぶせてもらって、そのタオルを開くと中から違う顔が現れるという手品のような趣向。 おお!でした。

357895_006
いつも以上に圧倒的な色彩の乱舞。洋服の色、インテリアの色、自動車の色・・・どれもこれもヴィヴィッドで、キレイな色です。洋服の色のセンスといったら! なかなか普通には売っていないような色が多いんですよ。しかも周囲との関係で、見事に浮き立つような美しい色合い。ブラウスのライトグリーンやパープルが、自動車のカーディナルが、その他にもクリムゾンやらブルーやらが見事に画面を彩って、まったくもって眼福なのです。そして、19歳の誕生日用ケーキの赤!その美しいこと!

357895_001
カラーのみならず、美術のセンスの良さもアルモドバルならでは。椅子やテーブルをはじめとするインテリア・デザインのセンス。バッグや靴や小物のセンス。ガウンの紐一つとっても、上質感をはっきり認識できます。さすがです。

序盤は少々かったるかったのですが、中盤以降ぐっと面白くなっていきました。ラストは拍子抜けするほどあっさりしておりますが、あれはあれでアリだと思っております。

往年のアルモドバル映画の常連、(鼻の)ロッシ・デ・パルマも家政婦役で出ております。まだ52歳なんですが、60過ぎに見えました。なかなか怖かったですよ。

|

« 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話 | トップページ | 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」:BORN TO BE BLUE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68542831

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジュリエッタ」:ヴィヴィッドで美しい色、色、色:

» ジュリエッタ JULIETA [to Heart]
上映時間 99分 製作国 スペイン 原作 アリス・マンロー『チャンス』『すぐに』『沈黙』(新潮社刊『ジュリエット』所収) 脚本:監督 ペドロ・アルモドバル 出演 エマ・スアレス/アドリアーナ・ウガルテ/ダニエル・グラオ/インマ・クエスタ/ダリオ・グランディネッティ/...... [続きを読む]

受信: 2016年11月23日 (水) 06時53分

» 『ジュリエッタ』 言えなかったこととは何か? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『オール・アバウト・マイ・マザー』『私が、生きる肌』などのペドロ・アルモドバルの最新作。  原作はノーベル文学賞受賞者のアリス・マンローの短編作品。  マドリードでひとり暮らしをしているジュリエッタ(エマ・スアレス)は、恋人のロレンソとポルトガルで老いることを決断したところ。しかし、街角で会った知人に12年前に消えてしまった娘の話を聞くと、突然、ポルトガル行きを断念し……。...... [続きを読む]

受信: 2016年11月24日 (木) 00時12分

» ジュリエッタ [象のロケット]
スペイン・マドリードで一人暮らす中年女性ジュリエッタは、恋人ロレンソと一緒にポルトガルへ引っ越す準備に追われていた。 しかし、知人から「イタリアのコモ湖であなたの娘を見かけたわ。」と言われ、ショックのあまり移住プランを断ってしまう。 ジュリエッタの一人娘アンティアは、12年前に家出したまま音信不通だったのだ。 …30年前、25歳のジュリエッタは夜行列車の中で漁師のショアンと出会い恋に落ちる…。 ラブ・ストーリー。 PG12... [続きを読む]

受信: 2016年11月26日 (土) 11時02分

» ジュリエッタ ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『私が、生きる肌』などのスペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが、アリス・マンローの短編集を基に描くヒューマンドラマ。音信不通となっていた娘を見掛けたと知人に言われた母親が、愛する娘に会いたいという気持ちを抱いたことがきっかけで物語が展開していく。『バカス』などのエマ・スアレスが現在、『ワイルド・ルーザー』などのアドリアーナ・ウガルテが過去の主人公を熱演。スタッフには、衣装に『ミッドナイト・イン・パリ』などのソニア・グランデ、美術に『抱擁のかけら』などのアンチョン・ゴメスらが名を連ねている。 あらすじ:... [続きを読む]

受信: 2016年12月 8日 (木) 18時35分

« 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話 | トップページ | 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」:BORN TO BE BLUE »