« 「奇蹟がくれた数式」:数に溺れて | トップページ | 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話 »

2016年11月20日 (日)

「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作

348641_003
映画『この世界の片隅に』は各方面で絶賛の嵐ですが、確かに大いなる称賛に価する素晴らしさでした。市井の人々の暮らしの視点から戦争を描くというと昨年の『この国の空』を思い出しますが、アニメーションだってことによって、よりリアルでより普遍的な、大きな作品となっています。脚本・監督の片渕須直さんの前作『マイマイ新子と千年の魔法』は未見でしたが、こうの史代の原作マンガを得て、本当に素晴らしく意義深い作品を作ってくれました(クラウド・ファンディングで支援した方々と共に)。

348641_009

本作の主人公の声を務めた「のん」の声優演技が各方面で絶賛の嵐ですが、確かに大いなる称賛に価する素晴らしさでした。あの、ゆったりほんわかした感じ。そのトーンが何ヶ所かで崩れることがあり(もちろん意図的に)、その感情こそが聞かせ所になっています。いずれにしても、あの声によってこの主人公に魂が吹き込まれました。同じく戦時下生活アニメの傑作『火垂るの墓』の節子ちゃんの声のように。

348641_006

泣けるから良い映画だとは全く思いませんが、本作はとにかく泣けてしまいます。と言うか、深く感情を揺さぶられます。泣かせようとなどしていないんですよ。いや、むしろ笑わせようとしています。でも主人公や周りの人々の暮らしが丁寧に細やかに描かれることによって、彼女たちが自分の身内ででもあるかのように愛おしくなるので、フィクションや他人事ではない心情になってしまうのでしょうね。

348641_002

予告編で見た段階では、この絵柄があまり好みではありませんでした。しかし、実際に本編を観ると、広島の繁華街の再現だとか、家庭内の生活描写だとか、空襲場面のリアルさだとか、人物のやわらかさだとか、これまた称賛に値するものでした。 

できるだけ多くの人々に、特に若い世代と子供たちに観てほしい作品です。そういった意味でも、アニメーションで作られたことの意味は大きいと思います。 そして、のんさん、次は実写映画での活躍をお祈り申し上げます。

|

« 「奇蹟がくれた数式」:数に溺れて | トップページ | 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68515363

この記事へのトラックバック一覧です: 「この世界の片隅に」:多くの人に観てほしい秀作:

» 劇場鑑賞「この世界の片隅に」 [日々“是”精進! ver.F]
それでも、生きていく… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611140000/ 劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック [ コトリンゴ ] 「この世界の片隅に」劇場アニメ公式ガイドブック [ 『この世界の片隅に』製作委員会 ] ... [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 05時44分

» この世界の片隅に(追記)〜謎の太極旗の正体は? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。「夕凪の街 桜の国(2007)」の漫画原作と同じこうの史代原作、アニメーション制作:MAPPA、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督。(声)のん=能年玲奈、細谷佳正、稲 ... [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 08時39分

» この世界の片隅に [Akira's VOICE]
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!   [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 10時22分

» 「この世界の片隅に」余韻 [虎哲徒然日記]
「この世界の片隅に」が異様な反響を呼んでいる。 ネット上の感想をみていても、なかなかみんな言葉が出てこないのである。泣けるし、笑えるし、感動するし、ほっこりするし。い ... [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 18時42分

» この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
どっこい、私は生きている。 「夕凪の街 桜の国」で知られる、こうの史代の名作コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、6年越しのプロジェクトとして長編アニメーション映画化。 戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女の目を通した、市井の人々の戦時下の“日常”の物語だ。 同じ時代の広島を描いた「夕凪の街 桜の国」のアナザーストリーとも言える作品で、どこにでもある...... [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 21時45分

» この世界の片隅に [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
こうの史代の同名原作漫画を、片瀬須直監督がアニメ映画化した作品だ。「マイマイ新子と千年の魔法」も同じコンビだというが未見だ。広島県呉を舞台にして戦前から戦中・戦後の移り変わりを庶民の目から描いた傑作だと思う。呉は普通の田舎と違って軍港なので特殊な存在だけ... [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 23時48分

» 『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう [映画のブログ]
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔ばなし』の語りのようだった。  これは凄いことだ。まだはじまって数秒しか経たないのに、私は圧倒されていた。『まんが日本昔ばなし』の語りといえば市原悦子さんである。20年近くのあいだ、語りに加えてありとあらゆる登場人物を...... [続きを読む]

受信: 2016年11月21日 (月) 23時57分

» 「この世界の片隅に」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本/製作:ジェンコ アニメーション制作:MAPPA配給:東京テアトル 監督:片渕須直 原作:こうの史代 脚本:片渕須直監督補・画面構成:浦谷千恵キャラクターデザイン・作画監督:松原秀... [続きを読む]

受信: 2016年11月22日 (火) 00時33分

» この世界の片隅に [象のロケット]
第二次世界大戦中の昭和19(1944)年、広島。 絵が得意な18歳の少女すずは、呉の海軍に勤務する文官・北條周作の妻となる。 夫の両親、義姉の径子や姪の晴美、ご近所との付き合いの中で、すずはだんだん主婦らしくなっていく。 戦争であらゆるものが欠乏していき、日本海軍の一大拠点で軍港の街として栄えていた呉は、何度も空襲に襲われる。 そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた…。 アニメーション。... [続きを読む]

受信: 2016年11月22日 (火) 10時45分

» この世界の片隅に [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ『この世界の片隅に』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て良い作品に違いないと思って、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和8年12月(注2)の広島市江波。  8歳のすず(声は「のん」)が、川(注3)沿いの道を荷物を背負って歩いて...... [続きを読む]

受信: 2016年11月25日 (金) 18時15分

» この世界の片隅に  監督/片渕 須直 [西京極 紫の館]
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてば...... [続きを読む]

受信: 2016年11月27日 (日) 08時53分

» 「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり残された者たちは普通への一歩を歩んでいく [オールマイティにコメンテート]
「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉 ... [続きを読む]

受信: 2016年11月27日 (日) 20時52分

» 映画「この世界の片隅に」 [FREE TIME]
映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年11月27日 (日) 23時32分

» この世界の片隅に [にきログ]
さて、こちら評価が高かった映画で見てみたかった作品です 原作者は「夕凪の街 桜の国」は漫画を読んだことがあります こちらは原作未読で戦争ものぐらいの認識で見ました なるほどこういう作品だったんですね あらすじ 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は...... [続きを読む]

受信: 2016年12月 3日 (土) 21時20分

» この世界の片隅に★★★★★ [パピとママ映画のblog]
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに...... [続きを読む]

受信: 2016年12月 7日 (水) 19時03分

« 「奇蹟がくれた数式」:数に溺れて | トップページ | 「溺れるナイフ」:俺様と姫の中途半端な神話 »