« 鹿島、南米王者を破り、クラブW杯決勝へ! | トップページ | 「ブルーに生まれついて」:いつもの破滅型アーティストの物語 »

2016年12月15日 (木)

ストーンズの「BLUE & LONESOME」

1481812636926
先日発売されたザ・ローリング・ストーンズの11年ぶりの新アルバム『BLUE & LONESOME』を輸入盤で買いました。

たった三日でレコーディングされたという12曲入り。そして、全曲ゴリゴリのブルースです! こんなオールドスタイルのブルース・アルバムがUKチャートや日本の洋楽チャートで1位になるってのは、さすがストーンズでスゴイことなんですけど。

「原点回帰」ってことなんでしょうけど、うーむ、ハッキリ言って小生としてはもっと「ロック」が聴きたかったので、残念です。 まあ演っているストーンズのメンバーは気持ち良かったでしょうけど--キースの雰囲気たっぷりのゆったりしたギターとか、ミックのいつもながらのヴォーカルや味わい深いブルースハープとか。

でも、もしまた来日してくれたとしても、このアルバムのパートは結構退屈してしまいそうでコワイのです。後半のヒット・パレードは、いつも通りメッチャ盛り上がるのでしょうけどね・・・。

|

« 鹿島、南米王者を破り、クラブW杯決勝へ! | トップページ | 「ブルーに生まれついて」:いつもの破滅型アーティストの物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68858877

この記事へのトラックバック一覧です: ストーンズの「BLUE & LONESOME」:

« 鹿島、南米王者を破り、クラブW杯決勝へ! | トップページ | 「ブルーに生まれついて」:いつもの破滅型アーティストの物語 »