« 衝撃のショートケーキ味焼きそば | トップページ | ストーンズの「BLUE & LONESOME」 »

2016年12月14日 (水)

鹿島、南米王者を破り、クラブW杯決勝へ!

FIFAクラブ・ワールドカップを初戦、準々決勝、そして今日の準決勝と勝ち抜いた鹿島アントラーズが、日本勢初の決勝進出! いやー、素晴らしいです。毎試合テレビ観戦していますが(その前のJチャンピオンシップの川崎戦、浦和とのホーム&アウェイ戦と、ここのところアントラーズの試合ばっかり見ています)、この鹿島の勝負強さ、試合巧者ぶりってのはいったい何なんでしょう?というぐらいの見事さです。

どの試合も前半は押されっぱなしだったり、先制されたりで、でも何とか持ちこます。そして後半に修正をかけて、まるで違ったチームのように攻撃を活性化させ、最後には勝利を手にしてしまうのです。何という芸風なのでしょう。

石井監督の采配もことごとく当たっています。先発メンバーの選択、交代選手の選び方、(ケガを抱えた)金崎の温存&後半投入戦法の成功、鈴木優磨投入のタイミング、体力面を考慮した小笠原の休ませ方などなど、すべてが理に適っていますし、結果を出しています。

選手たちも勤勉に走り、プレスをさぼらず、ボール奪取を繰り返し、気の利いたパスを出し、決めるべき所でちゃんと決めます。初戦、2戦での永木の(いつもながら地味目の)大活躍だとか、ボランチに戻った柴崎の見事なスルーパスだとか、昌子や曽ケ端の鉄壁の守りだとか、やるべき人がやるべきことをきっちり行っています。才能と技術のある人たちが、本当に一所懸命やってます。素晴らしいです。

今日の相手は南米王者のアトレチコ・ナシオナル(コロンビア)。前半、とにかく我慢を重ねてしのぎ、33分にPKをもらって先制。これが効きました。そのPKが、今大会から導入されたヴィデオ・アシスタント・レフェリー(主審の判断でビデオ映像でプレイを確認するシステム)の適用第1号で下された判定でした。しばらく前のプレイを、プレイが切れたところで確認していました。確かに相手選手が西を倒していました。 これ導入すると、これからのサッカーは変わりますよ。よりフェアにならざるを得ないので、日本には有利なはずです。 でもこれで、1-0だったりするといろんな声が出て来そうですが、3-0とあってはアトレチコ・サポーターとしても何も言えないでしょうね。

日曜日の決勝はおそらくレアル・マドリードが相手となるはずです。世界の人が注目します。素晴らしい。まあ、鹿島が負けて当たり前なので、のびのびと精一杯やってください。 あ、それと初戦、準々決勝をBSで放送した日テレさん、これはやっぱり地上波でやるべきでしょ! 日本サッカーの将来のためにも!

|

« 衝撃のショートケーキ味焼きそば | トップページ | ストーンズの「BLUE & LONESOME」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68845447

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島、南米王者を破り、クラブW杯決勝へ!:

» 12/14 【クラブW杯・準決勝】鹿島アントラーズ3-0アトレティコ・ナシオナル+α [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
本題に入る前に、一昨日に発表にはなってましたが(取り上げるトピックのからみで)昨日のエントリーでは言及しなかったJリーグの2017年シーズンの日程および大会概要の件。 ブログ更新: Jリーグが来季のリーグ運営について発表 J1は1ステージ制、ルヴァン杯プレーオフ…... [続きを読む]

受信: 2016年12月19日 (月) 06時26分

« 衝撃のショートケーキ味焼きそば | トップページ | ストーンズの「BLUE & LONESOME」 »