« 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」:終盤は持ち直すけど・・・ | トップページ | 「海賊とよばれた男」:岡田准一×特殊メイクの実験 »

2016年12月18日 (日)

クラブW杯、鹿島大健闘の準優勝!

 FIFAクラブ・ワールドカップの決勝:レアル・マドリードvs.鹿島アントラーズ戦をTV観戦。鹿島が決勝進出を決めた時点で、横浜のチケットがまだ余っていたようでしたが、一番安いカテゴリー4でも1万円(一番高い席は4万円)だったのと、あまりにも寒そうだったのでやめました(まあ3位決定戦と決勝2試合分の料金ってわけですけど)。でもやっぱり行きたかった・・・そんな試合でした。

 試合は皆さんご存じの通り2-2で延長戦となり、最終的にはロナウドのハットトリックでレアルが突き放し、4-2の勝利。クラブ世界一となりました。でも、鹿島も世界チャンピオンまであとわずかまで迫りました。おそらく世界でもちょっとしたセンセーションとして報道されることでしょう。80分から90分+アディショナルタイムあたりの攻撃の中で決めていたら・・・、笛直前の遠藤のシュートが入っていれば・・・。

 延長戦に入って、レアルはむしろスピードアップしてきたのに対して、連戦疲れの鹿島は足が止まった感じ。そこでロナウドの速さと技にやられてしまいました。まあ、しょうがありません。昨年度の年収が270億円を超えていた男ですから。逆にこれぐらいやらないと、給料ドロボーです。↓

https://t.cll-j.com/cristiano-ronaldo-annual-income/

 それにしてもレアルに先制されて、「ああ、やっぱり厳しいなあ」と思っていた前半終了間際に、柴崎岳がボレーを決めて1-1にした時には、ちょっと泣きそうになりましたよ。スゴイ! レアルと互角に戦っている、と。だって、決してガチガチに守ってカウンターという「弱者の戦法」ではありませんでしたから。 そして後半7分にまた柴崎が決めて2-1と逆転した時には、興奮しました。スゴ過ぎです。 ただその後PKで同点にされ、90分で決着がつかず延長に。残念ながらそこまででした。

 ただ、そこまでの試合運びで、世界中に大いに感銘と衝撃を与えたと思います。アントラーズ、本当によくやってくれました。 今日は柴崎と西と昌子と曽ケ端が素晴らしかった反面、金崎と永木と遠藤が良くなかったです。ミスも多く、あまり良い働きができませんでした(まあ効いてるプレイも時々ありましたが)。柴崎と昌子はどっかのビッグクラブが欲しがるんじゃないかなあ。 ま、永木もここまでやれたなんて、湘南を出た甲斐があったってもんでしょう。これなら、こっちもあきらめがつきます。良かったね、亮太くん。

 こんなアントラーズに2015年シーズン2勝0敗だったベルマーレは、いやー、凄いクラブなのかも知れませんね(2016シーズンは連敗したけど、ナビスコ(ルヴァン)カップでは勝ちましたし)。

|

« 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」:終盤は持ち直すけど・・・ | トップページ | 「海賊とよばれた男」:岡田准一×特殊メイクの実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68898074

この記事へのトラックバック一覧です: クラブW杯、鹿島大健闘の準優勝!:

» 12/18 クラブW杯決勝~鹿島健闘も最後はレアルがC。ロナウドのハットトリックで力の差を魅せる【レアル4-2鹿島@横浜国際】+α [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
本題に入る前に「Alibaba YunOS Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016」(CWC)の決勝の前に行われた3位決定戦の件。 [朝日]事故のシャペコエンセに捧ぐ勝利 クラブW杯3位決定戦 https://t.co/xGiPfmvz2f (18日、サッカークラブW杯3位決定…... [続きを読む]

受信: 2016年12月19日 (月) 06時30分

« 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」:終盤は持ち直すけど・・・ | トップページ | 「海賊とよばれた男」:岡田准一×特殊メイクの実験 »