« 「メン・イン・キャット」:なんて邦題だ | トップページ | 衝撃のショートケーキ味焼きそば »

2016年12月12日 (月)

「エヴォリューション」:変態耽美作家の難解アート・ホラー

356574_010
映画『エヴォリューション』は、あの耽美的で謎に包まれた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督作品。原題はあのアイヴァン・ライトマン監督の愚作『エボリューション』と同じですが、作品の方向性は真逆です。耽美であり、悪夢であり、「初期のクローネンバーグやリンチを思わせる」という評もごもっともです。

356574_008

まずはオープニングの海中映像が美しく、そして岩場の異様な光景に心をかき乱されます。ヒトデ・・・。その後は重要な要素である「病院」「手術室」あたりも交えて、全編(といっても81分ですが)が不安と違356574_004和感に満ちています。 

でも、この監督が公私にわたるギャスパー・ノエのパートナーだと知って、すっかり納得してしまいました。あー、だからかー。なるほどねー、って感じでした。二人とも変態ですもんね。

 

悪夢の入れ子細工みたいな展開でもあり、何よりも一筋縄ではいか356574_002ない「難解な」作品なのです。普通にSFやホラーとして十分成立させられる題材なのですが、作者としては当然そこらには興味がないんですよね。

人間は海から生まれ(海の生物が進化し)たってこととか、人間の体の70%が水分であり、地球の70%が海であるってこととかを連想させる作品でもありました。

|

« 「メン・イン・キャット」:なんて邦題だ | トップページ | 衝撃のショートケーキ味焼きそば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68818545

この記事へのトラックバック一覧です: 「エヴォリューション」:変態耽美作家の難解アート・ホラー:

» エヴォリューション〜ヴィーナスの誕生 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。フランス映画。原題:Evolution。ルシール・アザリロヴィック監督。マックス・ブレバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエ 。一言で言えば、海と ... [続きを読む]

受信: 2016年12月13日 (火) 00時04分

» エヴォリューション [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 フランス  ミステリー&ホラー&ファンタジー  監督:ルシール・アザリロヴィック  出演:マックス・ブレバン      ロクサーヌ・デュラン      ジュリー=マリー・ ...... [続きを読む]

受信: 2016年12月13日 (火) 13時47分

» 『エヴォリューション』 着実に進化していく妄想 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 監督・脚本は『ミミ』『エコール』などのルシール・アザリロヴィック。  今回は併映として2014年製作の短編『ネクター』も上映された。  外界を海に囲まれ孤絶した島に住むニコラ(マックス・ブラバン)は、母親(ジュリー=マリー・パルマンティエ)とふたりで暮らしている。ある日、海の底で赤いヒトデの引っ付いた死体のようなものを発見する。しかし母親はその話を信用せずに、いつものように...... [続きを読む]

受信: 2016年12月13日 (火) 18時18分

» エヴォリューション [象のロケット]
少年と女性しかいない小さな島で、母親と暮らす10歳の少年ニコラ。 海の底で「あるもの」を見つけて以来、「何かがおかしい」と感じ始めたニコラは、夜中に出かける母親の後をつける。 海辺では女たちが「ある行為」を行っていた。 母親から毎日薬を飲まされていたニコラは、やがて他の少年たちと一緒に病院に収容される。 そこでは、ある奇妙な医療行為が行われていた…。 禁断のダーク・ファンタジー。 ≪そこはユートピアか、ディストピアか。≫... [続きを読む]

受信: 2016年12月15日 (木) 08時43分

» エヴォリューション  監督/ルシール・アザリロヴィック [西京極 紫の館]
【出演】  マックス・ブレバン  ロクサーヌ・デュラン  ジュリー=マリー・パルマンティエ 【ストーリー】 住民は少年と女性だけの島で、10歳のニコラは、母親と2人で生活している。全ての少年が不可思議な医療を施されていることなど、島での日常に違和感を覚えるよ...... [続きを読む]

受信: 2016年12月31日 (土) 05時43分

» エヴォリューション [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★☆【3.5点】(10) 異様で摩訶不思議な世界観を堪能するには、 [続きを読む]

受信: 2017年1月 2日 (月) 00時39分

« 「メン・イン・キャット」:なんて邦題だ | トップページ | 衝撃のショートケーキ味焼きそば »