« 明治ザ・チョコレート BEAN to BAR | トップページ | 湘南、延長後半で力尽きる(天皇杯準々決勝) »

2016年12月23日 (金)

「フィッシュマンの涙」:コントじゃありません

358509_004
韓国映画『フィッシュマンの涙』は、そのビジュアルからしてトンデモ・コメディにしか見えないのですが、実のところ結構シリアスなので、びっくり。

新薬の治験の副作用で魚人間に突然変異したってことなんですけど、「なんで上半身だけそうなって、下半身は人間のままなの?」っていう疑問は、とりあえず胸にしまっておきましょう。

358509_005_2

でもいつもフーデッド・パーカをかぶっている、このコントに登場しそうなフィッシュマン(半魚人?)くんが、無愛想なようでいて、そこはかとない愛嬌があったりもします。見飽きないのです。フィッシュマンのプロモーション・フィルムと言ってもいいかもです。

358509_001

フィッシュマンの爪がはがれるところは、『ザ・フライ』を連想しました。それにしても、陸で生きる彼はエラ呼吸なんでしょうか(ちゃんとしたエラがあるのです)? 鼻呼吸なんでしょうか?

358509_006

でも残念なことにこの映画、肝腎の社会性の部分がうまく処理できていないんです。生硬というか、こなれていないんです。 コメディや不条理劇の形を借りて社会の不正や悪を告発するってのは、昔からよくある方法なのですが、不条理コメディとしても社会派ドラマとしてもうまくいっていません。狙いはわかるけど、力足らずな感じなのです。もっと腕のある監督なら、この題材で(この魚男で)もっと泣かせたり感動させたりできるのになあと感じました。

|

« 明治ザ・チョコレート BEAN to BAR | トップページ | 湘南、延長後半で力尽きる(天皇杯準々決勝) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68961715

この記事へのトラックバック一覧です: 「フィッシュマンの涙」:コントじゃありません:

« 明治ザ・チョコレート BEAN to BAR | トップページ | 湘南、延長後半で力尽きる(天皇杯準々決勝) »