« 榮太樓×獺祭のかりんとう | トップページ | ポテチ・えびせん・ハッピーターン »

2016年12月 1日 (木)

冬のビールとその仲間

1480599005224_2

この時期になるとぞろぞろ出て来る冬の限定ビールや発泡酒等。飲んでみたのをご紹介します。

まずはキリンの限定醸造『冬のどごし 華やぐコク』。華やいだ缶デザインですね。冬の限定品ってアルコール高めの6%が多いのですが、これもそう。「華やぐ」とか「コク」とか言われれば、確かにそうですねって味わい。これ、いわゆる「第3のビール」とか「新ジャンル」とかいうやつですけど、以前に較べると進歩しましたよね。ちゃんとおいしいですもん。

1480598968415_2
同じ赤系の缶で、こちらはサッポロの限定製品『麦とホップ 赤』。「フェストスタイル」と書いてありますが、ドイツのビール祭りで出される赤いビールをイメージしているようです。

1480598965099_2

確かに赤っぽいんですけど、そんなに極端ではありません。ハーフ&ハーフほど濃い色合いではありませんし、あまりクセがなくていわゆる「飲みやすい」感じ。これも新ジャンルですけど、本元の『麦とホップ』同様、かなりいい線いってます。

1480598967562

続いてアサヒの限定醸造『クリアアサヒ 吟醸』。大麦1.5倍・長期熟成製法ってことで、いやー、これは確かにうまいです。ある意味『クリアアサヒ』(発泡酒)の分際で・・・ってところです。材料の良さと、造りの良さが感じられちゃうんです。「上質なコクと華やかな香り」というキャッチフレーズも、なるほどなのです。これには参ったなあ。

1480598966001_5

同じくシリーズの『クリアアサヒ 初摘みの贅沢』。すみません。なぜか画像が横にしかなりません。 こちらは山形県産ホップ使用ってことで、なんだかさわやかな感じがします。こちらもちゃんとした味で、おいしいのです。 酒税改定を前に、ビール系飲料全体が底上げされている気がします。

1480599017270

でも最後ぐらいはちゃんとしたビールを。キリンの限定醸造『一番搾り とれたてホップ生ビール』です。岩手県遠野産の今夏収穫したばかりのホップ使用なんだそうです。普通の『一番搾り』はもったりしてコクがあるのが持ち味ですが、こちらはみずみずしくも華やかです。フルーティーな農作物感と言っていいかも知れません。 なかなか結構でございます。

|

« 榮太樓×獺祭のかりんとう | トップページ | ポテチ・えびせん・ハッピーターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68666771

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のビールとその仲間:

« 榮太樓×獺祭のかりんとう | トップページ | ポテチ・えびせん・ハッピーターン »