« 永木の鹿島が浦和を下して優勝 | トップページ | 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」:陰の主役=ジェイコブ »

2016年12月 4日 (日)

「アズミ・ハルコは行方不明」:高畑充希のオニうまさ炸裂

T0020524p
映画『アズミ・ハルコは行方不明』は、昨年の小生のベストワン『私たちのハァハァ』の松居大悟監督の新作ということで大いに期待しておったのですが、うーん、頑張ってるんだけど『ハァハァ』ほどのぶっとんだ新しさ、ナマナマしさは感じなかったですねえ。むしろ日本映画の伝統に忠実な、壊れた社会と若者の鬱屈を描き出す映画となっておりました。

354552_002

女と男がわかりあえない(ってゆーかひどい男しか出て来ません)、世代間がわかりあえない、家族がわかりあえない・・・ま、そんなディス・コミュニケーションの映画です。主役である二人=蒼井優の春子と高畑充希の愛菜も終盤まで接点がありません。そして、時制はシャッフルされて、いろんな意味で「わかりあえない感」にドライブをかけております。

354552_005春子の顔を使ったステンシル・アートがバンクシーばりのグラフィティ・アートとして使われ、SNSで拡散していきます。その絵柄をそのまま使ったポスター等のビジュアルが、なかなかです。上映前に劇場にあったチラシなんか、(4~5色あったと思いますが)ステンシルで作ってあるもんだから、1枚1枚微妙にインクの状態とかが違っておりました。びっくり。

354552_004
蒼井優のうまさは、まあいつものことですけど、これは結構いつもの蒼井優。先んじて『オーバー・フェンス』を観てしまうと、インパクトでは負けますから。 で、スゲーのは高畑充希。やっぱり映画の高畑はいつ見ても、メッチャうまいです。本作の彼女の、この振り切れたチャラさ!! いやー、『とと姉ちゃん』に慣れてたので、もう目まいがしそうです。ただこれも、天才高畑の幅の広さを示すもの。終盤の叫び声は誰にでも出せる代物ではありませんし、その後の嗚咽は最上級のオニ演技です。これを見られただけでも、大いに価値のある映画と言えるでしょう。

|

« 永木の鹿島が浦和を下して優勝 | トップページ | 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」:陰の主役=ジェイコブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68710633

この記事へのトラックバック一覧です: 「アズミ・ハルコは行方不明」:高畑充希のオニうまさ炸裂:

» アズミ・ハルコは行方不明 #東京国際映画祭 [あーうぃ だにぇっと]
アズミ・ハルコは行方不明@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [続きを読む]

受信: 2016年12月 5日 (月) 16時12分

» アズミ・ハルコは行方不明 [象のロケット]
とある地方都市。 27歳の独身OL安曇春子は、実家でも会社でも居心地の悪さを感じていた。 ある日、同級生の男・曽我と再会する…。 一方、20歳の愛菜は、成人式で中学の同級生・ユキオと再会。 ユキオともう一人の同級生・学が始めたイタズラに合流する…。 その頃、街では、女子高生ギャング集団による男性への無差別暴行と、女の顔のグラフィティアート(スプレーなどで壁に描かれた落書き)が話題となっていた…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年12月 5日 (月) 17時41分

» アズミ・ハルコは行方不明 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。山内マリコ原作、松居大悟監督。蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、菊池亜希子、山田真歩、落合モトキ、芹那、花影香音、柳憂怜、国広富之、加瀬亮。 ... [続きを読む]

受信: 2016年12月 6日 (火) 20時38分

» ショートレビュー「アズミ・ハルコは行方不明・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
彼女が、突然消えたワケ。 「私たちのハァハァ」の松居大悟監督が放った本作は、ある意味今年の日本映画の層の厚さを象徴する怪作だ。 
 主人公の安曇春子は、地方都市の実家暮らしの27歳。 映画は、蒼井優演じる春子の日常を軸に、二人の男友達と関係を持ちながら、ストリートグラフィティをする尻軽なショップ店員の愛菜、どこからともなく現れて、男たちを狩り立てる女子高生ギャング団のエピソードを描...... [続きを読む]

受信: 2016年12月 8日 (木) 21時22分

» アズミ・ハルコは行方不明 [映画好きパパの鑑賞日記]
 原作小説は読んでいないのですが、映画だけ見るとサブカル好きの意識高い系の人に人気がでそう。僕からすると残念ながら豊作だった今年の邦画で比べると、ちょっと見劣りするのですよね。  作品情報 2016年日本映画 監督:松居大悟 出演:蒼井優、高畑充希、太賀 …... [続きを読む]

受信: 2016年12月14日 (水) 17時06分

» 「アズミ・ハルコは行方不明」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・日本/クロックワークス=イトーカンパニー他 配給:ファントム・フィルム 監督:松居大悟 原作:山内マリコ脚本:瀬戸山美咲アニメーション:ひらのりょう 現代女子の生きざまを描いた山内マリコ原... [続きを読む]

受信: 2016年12月18日 (日) 01時31分

« 永木の鹿島が浦和を下して優勝 | トップページ | 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」:陰の主役=ジェイコブ »