« 「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」:不思議ですロード変 | トップページ | 「エヴォリューション」:変態耽美作家の難解アート・ホラー »

2016年12月11日 (日)

「メン・イン・キャット」:なんて邦題だ

358243_006
映画『メン・イン・キャット』のタイトル(邦題)は、どう見ても『メン・イン・ブラック』のパクリで、その証拠にポスター・ビジュアルに大きく「MIC」と入っています(はい、「MIB」のリーパクです)。あ、そうか! 本作の監督は『MIB』シリーズのバリー・ソネンフェルドなんでした。 

(以降少々ネタバレあり) それにしても「Men in Cat」って、どう考えても英語的に間違っていそう。“cat”に不定冠詞がついてないし、感覚的にも猫の着ぐるみを着た男たちみたいだし、そもそも“men”と言いつつもケヴィン・スペイシー一人の話だし(これに関しては、ラストで一応「まあ、menでもいいか」となります)・・・。 ちなみに原題は“Nine Lives”です。

358243_005
まあ1時間27分の軽いお楽しみ。それ以上でも以下でもありません。監督以下みんなそれをわかっていて、リラックスしてこの「ありきたりなコメディ」を作っているものと思われます。でも、そんな映画もあって良いでしょう。ネコ好きには結構楽しめると思いますし。

358243_004

ケヴィン・スペイシーが出てることでハクのついた本作ですが、彼は序盤以降「消えて」しまうので、むしろ妻役ジェニファー・ガーナーや娘役マリーナ・ワイズマンの好演が光ります。おっと、クリストファー・ウォーケンもまたいつものように怪演しておりましたね。 とはいえ、人間たちは当然のごとくネコちゃんに持ってかれちゃってますけれど・・・。

358243_002_2

猫の島として有名な宮城県の田代島が出て来たのには、ちょっとびっくり。 そしてニューヨークを舞台にした典型的な「アメリカ映画」である本作が、なんとフランスと中国の合作だという事実に、もっとびっくりなのです。

|

« 「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」:不思議ですロード変 | トップページ | 「エヴォリューション」:変態耽美作家の難解アート・ホラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/68804781

この記事へのトラックバック一覧です: 「メン・イン・キャット」:なんて邦題だ:

» メン・イン・キャット [象のロケット]
大企業のワンマン社長トムは家庭を顧みない仕事人間で、2度目の妻ララや娘レベッカに寂しい思いをさせていた。 ある日、娘の誕生日プレゼントとにと、怪しげなペットショップでネコを購入する。 その帰り道に突然、落雷が起こり、トムとネコの身体が入れ代わってしまった! 誰もネコがトムだと気づくはずもなく、トムは“ミスター・もこもこパンツ”と名付けられ、ペットとして家族に迎えられることに…。 ファンタジック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2016年12月16日 (金) 09時02分

» メン・イン・キャット [とりあえず、コメントです]
大企業のワンマン社長に起きた騒動をケヴィン・スペイシー主演で描いたコメディです。 予告編を観て、ケヴィン・スペイシーが猫になるなんて面白そうだなと気になっていました。 定番の展開に、安心して笑いながら楽しめるような作品でした(^^) ... [続きを読む]

受信: 2016年12月24日 (土) 22時30分

« 「RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編」:不思議ですロード変 | トップページ | 「エヴォリューション」:変態耽美作家の難解アート・ホラー »