« 新宿とかおみくじとかのこと | トップページ | 「土竜の唄 香港狂騒曲」:ますますハチャメチャ下品です »

2017年1月 3日 (火)

「富士ファミリー2017」:またもゆるりとほっこりと

NHKの新年単発ドラマは昨年やった『富士ファミリー』の続編。題して『富士ファミリー2017』。脚本は前作と同じく木皿泉が務めます。というわけで、そんなにどえらい傑作ではありませんが、ゆるりと軽く楽しめる作品です。

(2016版についてはこちら ↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-3115.html

 薬師丸ひろ子、小泉今日子、ミムラ、吉岡秀隆、仲里依紗ら前作のファミリーはもちろん、プラスして東出昌大や鹿賀丈史やYOUが脇を固めます。でも今回もやはり片桐はいりのおばあちゃんが暴れまくります。かっさらって行っちゃいます。本当にこのおばあちゃんが当たり役だと言っていいでしょう。

 薬師丸と高橋克実のエピソードや、薬師丸とYOUのエピソードや、小倉一郎と筒井真理子のエピソードなどがほっこりものです。木皿泉の良さが出ているところです。 ただ前作のマツコロイドのエピソードに代わる羽田圭介起用のエピソードなどは、またもハズしちまった感がありまけどすね。

 おはぎが食べたくなりました。 そしてこのエンディングだと、『富士ファミリー2018』もありそうですね。あるに違いありませんです。

|

« 新宿とかおみくじとかのこと | トップページ | 「土竜の唄 香港狂騒曲」:ますますハチャメチャ下品です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69104584

この記事へのトラックバック一覧です: 「富士ファミリー2017」:またもゆるりとほっこりと:

« 新宿とかおみくじとかのこと | トップページ | 「土竜の唄 香港狂騒曲」:ますますハチャメチャ下品です »