« 「ミューズ・アカデミー」:アレン作品のシリアス版 | トップページ | 「ザ・コンサルタント」:これってコメディ?な終盤 »

2017年1月24日 (火)

明治BEAN to BARの後発2種類

1485263360834_2昨年12月22日にご紹介した明治のチョコレート『BEAN to BAR』シリーズ。遅れて発売された2種類も食べましたので、追加のご報告です。

(昨年の記事はこちら ↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-460f.html

まずはライトグリーンに彩られたカカオ51%の「Gianduja」(魅惑の旨味)。ジャンドゥーヤです。つまりヘーゼルナッツですね。大江戸は基本的にジャンドゥーヤ味がそんなに好きではないのですが、やはりこれは別格。見事に深いジャンドゥーヤの香りが生きながら、ややビターなチョコレートと見事に融合しています。オトナな感じです。

1485263359627

そしてもう一つは鮮やかなピンクで、カカオ44%の「Flamboise」(鮮烈な香り)です。フランボワーズつまりラズベリーですね。チョコレートとラズベリーの相性の良さは、言うまでもありません。シリーズの中ではカカオ含有量が一番低いのですが、それでもなかなかどうしてしっかりとチョコレート感があって、しかもラズベリーとの一体感が見事でたまりません。大江戸の大好きゾーンです。

1485263358027
相変わらずパッケージも、個包装もステキなデザインで、美しい仕上がりです。カワイイとも言います。

1485263358802_2

じゃーん。6種類並ぶと壮観ですね。キレイです。

もうこれ以上種類を増やす必要はないので、これらをキープしてロングセラーとなっていただきたいものです。

|

« 「ミューズ・アカデミー」:アレン作品のシリアス版 | トップページ | 「ザ・コンサルタント」:これってコメディ?な終盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69362717

この記事へのトラックバック一覧です: 明治BEAN to BARの後発2種類:

« 「ミューズ・アカデミー」:アレン作品のシリアス版 | トップページ | 「ザ・コンサルタント」:これってコメディ?な終盤 »