« 歌舞伎座ギャラリー | トップページ | 展覧会「DAVID BOWIE is」:さすがに充実の内容 »

2017年1月 9日 (月)

「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」:蛮勇はダメよ

358669_006
映画『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』は、今日的な(ユーチューバー的な)ネット動画の危険な世界を扱った娯楽作。過激な有料動画のチャレンジが、顔のない数多くの視聴者たちによって、どんどんエスカレートしていくさまとその結末を描いていきます。当然SNSとその拡散についても扱われております。

358669_008
近年はスマホ画面を映画の映像に反映させている作品もしばしば見られますが、本作はモチーフがモチーフなだけに、それら諸作の中でも最もスマホ(風)映像利用度の多い作品となっています。

358669_001

アンディ・ウォーホルが言っていた「将来、誰でも15分間は世界的有名人になれるだろう」という時代になったのだなあという感慨を抱かせる映画でもあります。それにしてもアメリア低予算映画の若者の例に漏れず、あさはかでございます。アメリカ人の中には、ムチャであっても冒険することが推奨されるDNAがあるみたいなんですよね。でなきゃトランプが当選したりしませんもん(それこそ「世界で一番危険なゲーム」では?)。でも蛮勇はダメですよ。

358669_003

(以降多少ネタバレあり) ヘタすれば下品で軽薄なバカ映画になりそうでいて、一応踏み止まっております(ま、上品ではないですけどね)。とってつけたようではありますが、一応教育的な結末が用意されていたりもします。 大江戸としては、終盤にさりげなく用意されていた『スティング』へのオマージュ(鼻をこするサインと、あのトリック)に、「なぜ?」と思いながらも嬉しかったですね。

|

« 歌舞伎座ギャラリー | トップページ | 展覧会「DAVID BOWIE is」:さすがに充実の内容 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69182724

この記事へのトラックバック一覧です: 「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」:蛮勇はダメよ:

» NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム [象のロケット]
高校3年生の女の子ヴィーは、進学する大学を決めかねていた。 そんな時、親友シドニーに煽られ、多人数参加型裏オンラインゲーム「NERVE/ナーヴ」に参加することに。 視聴料金を払う「視聴者」たちが出す「指令」に挑み成功した「挑戦者」は、視聴者数を集め最終決戦に勝てば大金を手に入れられる。 しかし、それはヴィー自身の情報がすべてオープンにされてしまう危険なアクセスだった…。 ゲーム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2017年1月14日 (土) 09時48分

« 歌舞伎座ギャラリー | トップページ | 展覧会「DAVID BOWIE is」:さすがに充実の内容 »