« 日本インターネット映画大賞 2016日本映画部門投票 | トップページ | ペヤングのチョコレートやきそば »

2017年1月20日 (金)

「皆さま、ごきげんよう」:自由な走馬灯映画

358193_003
映画『皆さま、ごきげんよう』は、のんびりとした中にそこはかとないユーモアを湛えたオタール・イオセリアーニ監督作品。イオセリアーニじいさん、ますますもって夢現境を自由に飛び回っています。

358193_005

そう、とにかく自由なんです。じいさんがロードローラーにひかれて「のしいか状態」になっちゃって、それをドア下の隙間から入れるなんてこと、誰が大まじめにやるってんでしょうか? この人は、やっちゃってます。しかも脈絡なしに、いろんなエピソードがつながったりつながらなかったりしながら、次から次へと変なことが続いていくのです。

358193_002
思えば岩波ホールでは、「自由な」老人監督の自由過ぎるほど奔放な映画が、これまでも上映されて来ました。近年ではアラン・レネ晩年の『風のそよぐ草』や『愛して飲んで歌って』、古くはルイス・ブニュエルの『自由の幻想』。そう、本作オープニングで革命期フランスの処刑広場から始まるあたり、そこからも自由に時と場所とつながりを飛び越えるあたりは、まさに『自由の幻想』のテイストです。壁にドアが現れたり消え去ったりするあたりもそうですね。

358193_001
そういった映画の自由さ、心の自由さが心地良くもありますが、一方ではどうにもこうにもつかみ所がなくって、映画がのらりくらりと逃げて行ってしまうような気もいたします。ま、きちんとした物語などありませんからね。始まりもなければ終わりもない、走馬灯のような映画でもあると感じました。

|

« 日本インターネット映画大賞 2016日本映画部門投票 | トップページ | ペヤングのチョコレートやきそば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69316665

この記事へのトラックバック一覧です: 「皆さま、ごきげんよう」:自由な走馬灯映画:

» 皆さま、ごきげんよう [象のロケット]
フランス革命時代のギロチン、戦場での強奪…、そして現代のパリ。 アパートの管理人にして武器商人の男と、骸骨集めが大好きな人類学者の二人は悪友同士。 彼らの周りには、覗きが趣味の警察署長、ローラースケート窃盗団、黙々と家を建てる男、没落貴族、ホームレス、そして野良犬たちがいた…。 コメディ。... [続きを読む]

受信: 2017年1月22日 (日) 07時30分

« 日本インターネット映画大賞 2016日本映画部門投票 | トップページ | ペヤングのチョコレートやきそば »