« 「The NET 網に囚われた男」:心をえぐえる国家の暴力 | トップページ | 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」:チードルさんの個人映画 »

2017年1月15日 (日)

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」:謎が多いなあ

358011_005
映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』の監督はスティーヴン・フリアーズだったのですね。宣伝などではほとんど目立たなかったので、メイン・タイトルで初めて気づいた次第。しかもこれ、ハリウッド映画化と思っていたら、まぎれもないイギリス映画だったのですね。舞台はニューヨークですけど。 しかも昨年のフランス映画『偉大なるマルグリット』を見落としている大江戸ですが、「なんであの作品のリメイクということを全く表に出していないんだろう?」と思っていたのですけれど、これはリメイクと言うよりも、もともと実在したフローレンス・フォスター・ジェンキンスの伝記映画(ま、かなりフィクショナルに仕立ててあるそうですが)なんだそうです。

358011_002

ことほど左様に予想外なことが頻出した作品でしたが、そして物語はかなりトリッキーなわけですが、映画の作りとしてはオーソドックス&ウェルメイド。平明にプロットを進行させ、キャラクターを立たせ、役者を輝かせ、笑いと感動を塩梅よく配置してあります。

358011_004

1949年生まれ、現在67歳のメリル・ストリープに対し、ヒュー・グラントは1960年生まれの56歳と11歳年下ですから、だいぶ老けメイクにしております。いつもの軽やかなヒュー様ではなく、押し出しの強いお大尽を老け芝居で演じます。 一方のメリルは、やはりヒューよりも相当おばあちゃんに見えるのですが、これも病気に侵されているという役柄の表現なのでしょうか? まあ、最後の方は76歳を演じたわけなので、それだったら納得ではあるのですけれど・・・。

358011_006
でも本作は二人よりもむしろ、ピアニスト役のサイモン・ヘルバーグや、夫(ヒュー)の公認愛人役レベッカ・ファーガソンらの芝居の方が、心に残りました。

それにしてもこの旦那は、なんでここまでこんな奥さんを愛して、むしろ甘やかして、多くを捧げていたのかなあ? (メリル嫌いの小生としては)謎です。愛って不思議だなあ。 そして、いくら音痴でも、(自分が歌っている時はまだしも)レコードになったものを聴いたら、自分のヘタさはわかるはずでしょう。あれだけいろんなものを聴いている方なのですから。謎です。

|

« 「The NET 網に囚われた男」:心をえぐえる国家の暴力 | トップページ | 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」:チードルさんの個人映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69257305

この記事へのトラックバック一覧です: 「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」:謎が多いなあ:

» マダム・フローレンス!夢見るふたり [映画的・絵画的・音楽的]
 『マダム・フローレンス!夢見るふたり』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)メリル・ストリープの主演作というので、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭は、「based on true stories」の字幕が出て、1944年のニューヨーク。  シンクレア(ヒュー・グラント)が、...... [続きを読む]

受信: 2017年1月16日 (月) 05時28分

» 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 嘘八百のラブストーリー [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  なんてチャーミングな映画なのだろう。  スティーヴン・フリアーズ監督の伝記映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』は、裕福なマダムを演じるメリル・ストリープと、事実婚の夫を演じるヒュー・グラントのユーモアたっぷりな演技が楽しめるコメディであると同時に、歌の上手さには定評のあるメリル・ストリープの歌声を堪能できる音楽映画でもある。――劇中では、極めて下手に歌う...... [続きを読む]

受信: 2017年1月16日 (月) 08時41分

» マダム・フローレンス! 夢見るふたり [象のロケット]
ニューヨーク社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。 ソプラノ歌手になる夢を追い続ける彼女は、自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。 ついにフローレンスは、世界的権威のあるカーネギーホールで歌うと言い出す…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年1月19日 (木) 16時21分

« 「The NET 網に囚われた男」:心をえぐえる国家の暴力 | トップページ | 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」:チードルさんの個人映画 »