« 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」:チードルさんの個人映画 | トップページ | 2016洋画トップテン »

2017年1月17日 (火)

2016邦画トップテン

お待たせいたしました! 恒例の大江戸時夫の年間トップテン映画 of 2016年。落穂拾いを終えて、ようやく発表です。今年は邦画篇から。(  )内は監督名です。

1.シン・ゴジラ(樋口真嗣 ※総監督=庵野秀明)  2.リップヴァンウィンクルの花嫁(岩井俊二)  3.この世界の片隅に(片渕須直)  4.ヒメアノ~ル(吉田恵輔)  5.湯を沸かすほどの熱い愛(中野量太)  6.海よりもまだ深く(是枝裕和)  7.ピンクとグレー(行定勲)  8.怒り(李相日)  9.君の名は。(新海誠)  10.聲の形(山田尚子)  次点.淵に立つ(深田晃司)

<その他の記憶すべき作品>  永い言い訳  SCOOP!  64 ロクヨン  築地ワンダーランド  TOO YOUNG YO DIE!若くして死ぬ  FAKE  日本で一番悪い奴ら  聖の青春  ぼくのおじさん

監督賞:岩井俊二(リップヴァンウィンクルの花嫁)   脚本賞:庵野秀明(シン・ゴジラ)   撮影賞:神戸千木(リップヴァンウィンクルの花嫁)   主演女優賞:黒木華(リップヴァンウィンクルの花嫁)  主演男優賞:ゴジラ(シン・ゴジラ)   助演女優賞:杉咲花(湯を沸かすほどの熱い愛)   助演男優賞:リリーフランキー(SCOOP!)   新人賞:大西利空(ぼくのおじさん)  怪演賞:月見草しんちゃん(闇金ウシジマくん Part3)

昨年の邦画は稀に見る大豊作。ここのところ質的充実において、洋画との差が広がる一方です(なのに世界的にはあまり評価されていないのが不思議)。力量のある監督たちがずらりと揃ったトップテン(圏外も含めて)で、頼もしい限り。普通の年ならトップテン級の作品が、5本ぐらいはみだしてしまいました。

監督賞は「樋口真嗣にするのはムムムだよなあ。でも総監督を持ってくるのもなんだしなあ」と思い、漁夫の利的に岩井へ。でも久々のザ・岩井ワールド、素晴らしかったです。 主演男優賞はトリッキーな選考となりましたが、決め手となる人がいなかったもので、ならば・・・と。 主演女優賞も絶対的な人がいなかったのですが、ここは助演女優賞と合わせて「華・花」コンビってことで。それぐらい助演女優賞の杉咲花は圧倒的でした(撮影時まだ18歳だったのに! それ以上に童顔なのに!)。助演女優賞はレベルの高い候補が大勢いたのですが(「怒り」の宮崎あおい、「怒り」「アズミハルコは行方不明」の高畑充希、「ヒメアノ~ル」の佐津川愛美、「シン・ゴジラ」の市川実日子など)、杉咲花がぶっちぎりました。助演男優賞は「日本で一番悪い奴ら」の みのすけ も候補でした。 新人賞の大西君は、利発そうな子役。怪演賞のしんちゃんは、脳みそカラッポの半グレ役です。

振り返ればアニメーションが3本もランクインしているのですね。それぞれに持ち味を発揮した良作でした。 『ヒメアノ~ル』と『ピンクとグレー』は観て、驚いてほしいです。どちらもホントびっくりするから。

明日は洋画篇です!  

|

« 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」:チードルさんの個人映画 | トップページ | 2016洋画トップテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69279162

この記事へのトラックバック一覧です: 2016邦画トップテン:

« 「MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間」:チードルさんの個人映画 | トップページ | 2016洋画トップテン »