« 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」:ニコールの若々しさ | トップページ | 「The NET 網に囚われた男」:心をえぐえる国家の暴力 »

2017年1月13日 (金)

「幸せなひとりぼっち」:頑固おやじの若き日

357362_003
映画『幸せなひとりぼっち』は、スウェーデンの大ヒット作ということですが、うーん、スウェーデン人の琴線に訴えるものがあるのでしょうねえ。『王様のブランチ』でLiLiCoさんも「今年のベストワン」とか言ってたけど、彼女も半分スウェーデン人ですんもねんね。

357362_006

一方では、大江戸にはさほど訴えて来ませんでした。これ、特に目新しい所のない、いかにもなお話ですし。自殺を失敗し続けるあたりなんて、相当ベタですよ。 美点としては、この頑固おやじの若き日々の輝き、わけても妻のきらめく笑顔です。この回想のおかげで、なんとか作品が生きました。

357362_010

それにしてもこの頑固おやじが59歳だとは!! 70歳ぐらいに見えますよー! 演じるロルフ・ラスゴードは1955年生まれなので、撮影時には59か60歳だったと思われます。なので、「すげー老け顔」ってことなんですね。やれやれ。スウェーデンには彼とかステラン・スカルスガルドとか「じゃがいも顔」が多いんですかねえ。

357362_005

欧米系でない異文化ファミリーを最初は嫌いながら、徐々に心の絆が築かれていくってあたりは、イーストウッドの『グラン・トリノ』のようですね。そういえば、グラン・トリノも車の名前ですが、本作においてもサーブとボルボとアウディが、キーワード的に登場しております。

人に歴史あり。そして、頑固おやじにも若き日あり、なのでした。

 

|

« 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」:ニコールの若々しさ | トップページ | 「The NET 網に囚われた男」:心をえぐえる国家の暴力 »

コメント

お早うございます。
酷くつまらないことで誠に恐縮ですが、冒頭のタイトルが『最高のひとりぼっち』になっています(“最高”でも“幸せ”でも、本作の内容とかけ離れている点は同じでしょうが)。
なお、これで『ニュースの真相』で大江戸時夫様からコメントをいただいたことに対してご恩返しができました!

投稿: クマネズミ | 2017年1月16日 (月) 05時52分

うわわわわ!
何でそんなことに・・・まったく気づきませんでした。
いや、お恥ずかしい限りです。早速訂正させていただきました。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年1月16日 (月) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69234435

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せなひとりぼっち」:頑固おやじの若き日:

» 幸せなひとりぼっち [映画的・絵画的・音楽的]
 『幸せなひとりぼっち』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)スウェーデンで大ヒットした作品というので、映画館に行きました。  本作(注1)の始めの方は、スーパーで男(オーヴェ:ロルフ・ラスゴード)が花を持ってレジに進みます。  レジ係が「50...... [続きを読む]

受信: 2017年1月14日 (土) 05時22分

» 幸せなひとりぼっち / En man som heter Ove [勝手に映画評]
本国スウェーデンでは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抑えてトップに躍り出た作品。結局、動員数は160万人を越え、スウェーデン映画史上歴代3位となる興行成績を収め、第89回アカデミー賞では、外国語映画賞のスウェーデン代表作品に選ばれています。(2016/12/...... [続きを読む]

受信: 2017年1月14日 (土) 16時07分

» 幸せなひとりぼっち [象のロケット]
59歳の元町内会長オーヴェは、妻を亡くして一人暮らし。 近所では気難しいオジサンで通っている。 43年間働いてきた鉄道局を首になり、孤独に耐えきれず自殺を図るが、向かいの家に引っ越してきた賑やかな一家の妻パルヴァネに邪魔をされてしまう。 成り行きでパルヴァネに車の運転を教えることになったオーヴェは、亡き妻ソーニャの思い出を語り出す…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年1月15日 (日) 09時20分

» 幸せなひとりぼっち [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 スウェーデン  コメディ&ドラマ  監督:ハンネス・ホルム  出演:ロルフ・ラッスゴード      イーダ・エングヴォル      バハール・パルス      カタリナ・ラ ...... [続きを読む]

受信: 2017年1月16日 (月) 10時29分

« 「アラビアの女王 愛と宿命の日々」:ニコールの若々しさ | トップページ | 「The NET 網に囚われた男」:心をえぐえる国家の暴力 »