« 目黒川ラン | トップページ | オトナなチョコレートたち »

2017年2月 6日 (月)

「沈黙 -サイレンス-」:イッセー、世界へ羽ばたくか?

358205_001
映画『沈黙 -サイレンス-』は、マーティン・スコセッシ74歳の渾身の企画。原作と出会って28年で完成を見たのだとか。2時間42分の堂々たる仕事ですが、とにかく観ていて疲れます。それだけ観ながらに多くの事を考えさせる作品なのです。「宗教映画」の歴史にも深く刻まれていく作品となるでしょう。原作の強度を感じさせます。

358205_005

外国の監督が日本を撮った(もっとも台湾ロケだったようですが)作品としては類例のないほどしっかりした考証に基づいています。不自然なツッコミ所はありません。あるとすれば、誰も彼もが英語をしゃべること。まあそれは、商業映画を作る上ではしょうがない事情ってことで・・・。

358205_006

世間で絶賛されている日本の役者陣ですが、窪塚洋介や浅野忠信は、いつもの彼らと比べてそれほどすごくはありませんでした。しかし、イッセー尾形は見事でした。あのタヌキなスマイルと、クセのある、しかしながら流ちょうな英語の発音。これはハリウッドがほっとかないと思いますよ。数年うちにイッセーさんが『スター・トレック』や『Xメン』あたりに、ヘタすると『007』や『スター・ウォーズ』に出ているなんてこともあり得ると予言しておきましょう。

広告等にも出ていなかったので知らなかったのですが、片桐はいりさんも出ていましたね。(大の映画ファンの彼女としては)「スコセッシの現場とあらば手弁当でも」って感じだったのではないでしょうか。

358205_010キチジロー(窪塚)は確かにユダですねえ。スコセッシがとても重要視したのもわかるような気がします。しかしスコセッシはすべての面において、解釈を固定化していません。観る者がどうにでも判断できるように描いています。日本の「八百万の神」「大日信仰」を説明しているあたりも「さすが」って感じです。 スコセッシの本作における視点は、「一つの真理」「絶対的な正義」が成り立たない現代にふさわしい立ち位置であり、かの国の大統領にも教えてあげたいものだと思うのです。

|

« 目黒川ラン | トップページ | オトナなチョコレートたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69508407

この記事へのトラックバック一覧です: 「沈黙 -サイレンス-」:イッセー、世界へ羽ばたくか?:

» 沈黙−サイレンス− [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。遠藤周作原作、原題:Silence。マーティン・スコセッシ監督。アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー ... [続きを読む]

受信: 2017年2月 7日 (火) 00時11分

» 沈黙 [映画的・絵画的・音楽的]
 『沈黙-サイレンス-』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その後タイトルが流れて、熱湯が地下から湧き出ているところ(雲仙地獄)のそばで、キリシタン...... [続きを読む]

受信: 2017年2月 7日 (火) 05時28分

» 映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 ざっくりストーリー 17世紀江戸初期、長崎で厳しいキリシタン弾圧の中で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が棄教したとされる真実を確かめるため、...... [続きを読む]

受信: 2017年2月 7日 (火) 08時07分

» 沈黙 -サイレンス- ★★★★★ [パピとママ映画のblog]
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから28年の時を経て遂に撮り上げた渾身の歴史ヒューマン・ドラマ。非情なキリシタン弾圧が行われ...... [続きを読む]

受信: 2017年2月 7日 (火) 19時39分

» 沈黙 -サイレンス- [だらだら無気力ブログ!]
重厚な内容だった。 [続きを読む]

受信: 2017年2月 7日 (火) 23時38分

» 沈黙 -サイレンス-/SILENCE [我想一個人映画美的女人blog]
真の信仰とは何か? なぜ神は沈黙しているのか? マーティン・スコセッシ監督が88年に原作と出会ってから28年の時を経てついに完全映画化。 原作は戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」 江戸幕府による激しいキリシタン弾圧が行われていた17世紀の長崎。 日本で棄教したという高名な宣教師を追い、弟子のロドリゴとガルペが海を渡ってやって来る。 師を追い日本へやって来る若きポルトガル人宣教師...... [続きを読む]

受信: 2017年2月 8日 (水) 00時16分

» 沈黙 サイレンス [象のロケット]
17世紀(江戸時代初期)。 長年、日本で布教活動していたポルトガル人宣教師フェレイラは、幕府の激しいキリシタン弾圧に耐えられず棄教したと噂されていた。 師の安否と真実を確かめるため、弟子の司祭ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 そこでは想像を絶する苛酷な弾圧が行われていた。 囚われたロドリゴは、究極の選択を迫られる…。 歴史ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年2月 8日 (水) 08時32分

» 沈黙 -サイレンス-・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
神はどこにいるのか?なぜ沈黙するのか? 江戸初期、キリシタン弾圧下の日本を舞台に、棄教した師を探すため日本に潜入したカトリック司祭たちの苦悩を描く遠藤周作の傑作小説「沈黙」を、巨匠マーティン・スコセッシが20年来の執念を実らせて映画化。 正に入魂の一作で、プロットは原作小説に驚くほど忠実に、パワフルなテリングで全くダレずに162分の長尺を描き切った。 原作同様に書簡のモノローグをう...... [続きを読む]

受信: 2017年2月 8日 (水) 23時13分

» 沈黙-サイレンス [映画好きパパの鑑賞日記]
 信仰をめぐる遠藤周作の名作を30年近くかけてマーティン・スコセッシ監督が映画化。長時間、真面目でアメリカになじみが薄い題材のため、オスカー候補は逃しましたが、昨年のアメリカ映画を代表する作品といっていいでしょう。  作品情報 2016年アメリカ、イタリア、…... [続きを読む]

受信: 2017年2月13日 (月) 07時02分

» 「沈黙−サイレンス−」沈黙の先にみる生きる為に信仰を心を封じて生きた人たちの生き様 [オールマイティにコメンテート]
「沈黙−サイレンス−」は江戸時代初期に来日したキリスト教の神父がキリスト教の迫害の現実を目のあたりにしながらも日本で生き続けていく姿を描いたストーリーである。江戸時代 ... [続きを読む]

受信: 2017年2月25日 (土) 22時14分

» 沈黙 サイレンス / Silence [勝手に映画評]
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作品も良いのでしょう。時間の長さを感じさせません。加えて、キリシタン弾圧と言う非常に重...... [続きを読む]

受信: 2017年2月26日 (日) 08時33分

« 目黒川ラン | トップページ | オトナなチョコレートたち »