« ベルマーレ、ホーム開幕戦勝利で連勝! | トップページ | 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」 »

2017年3月 5日 (日)

「たかが世界の終わり」:家族はつらいよ

358690_005
映画『たかが世界の終わり』は、すごく古典的な舞台劇みたいだなあと思ったら、本当に舞台劇の映画化だったのでした。だからこそなのか、やたらとクロースアップを多用して、5人の登場人物たちの心理を浮かび上がらせます。

358690_003
ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、レア・セドゥ、ナタリー・バイというフレンチ・オールスター・キャストだからこそ、こんなに暗い話でもまあ観ていられます。いや、それでもなお観るのがしんどい作品です。彼らに確かな演技力があるので、観ていていたたまれません。

358690_004
とにかくヴァンサン・カッセル演じる長男がめんどくさい「狂犬」でして、何を言っても何をしても噛みついて吠えまくります。「家族という地獄」を描いているようで、よく考えればこの人がいなければ普通にまとまるはずです。まあ、そういう人ともつき合っていかなければならないところが、家族の厄介さなんでしょうけれど。それに付き合わされる観客の方も、けっこうイライラして、終始いやーな気持ちが続くのです。

358690_001
近作においては、『愚行録』とタメを張る「いやーな気分になる映画」ですね。それなのに・・・『マイアヒ』ですよ。なぜか笑っちゃう『マイアヒ』。踊り付きで「♪マイアヒ~、マイアフ~・・・」。

大江戸としては、同じようにしんどい家族映画だとしても、本作よりも(グザヴィエ・ドランの前作)『Mommy マミー』の方が断然好きなのであります。

|

« ベルマーレ、ホーム開幕戦勝利で連勝! | トップページ | 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69821290

この記事へのトラックバック一覧です: 「たかが世界の終わり」:家族はつらいよ:

» 『たかが世界の終わり』 自己憐憫の先にあるもの [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』などのグザヴィエ・ドランの最新作。  原作ジャン=リュック・ラガルスの戯曲『まさに世界の終り/忘却の前の最後の後悔』。なぜか映画の邦題は「たかが」となっていて、原作とは異なる。「たかが」と「まさに」では意味が違うと思うのだけれど……。この映画の原題も英語版は「It’s only the end of the world」で、フランス語版で...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 5日 (日) 23時48分

» たかが世界の終わり [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。カナダ=フランス。英題:It's only the end of the world。ジャン=リュック・ラガルス原作、グザヴィエ・ドラン監督。ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤ ... [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 00時09分

» たかが世界の終わり [映画的・絵画的・音楽的]
 『たかが世界の終わり』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)昨年のカンヌ映画祭でパルム・ドールに次ぐグランプリを獲得した作品ということで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、「しばらく前に 世界のどこかで」との字幕が映し出され、客室乗...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 05時40分

» 『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde/It's Only the End of the World)』グザヴィエ・ドラン監督、ギャスパー・ウリエル、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、ナタリー・バイ [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、ラストに触れています。『たかが世界の終わり』Juste la fin du mondeIt's Only the End of the World 監督 : グザヴィエ・ドラン出演 : ギャ [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 06時31分

» たかが世界の終わり [象のロケット]
「もうすぐ死ぬ」と家族に告げるため、12年ぶりに帰郷した人気作家ルイ。  母は息子の好きな料理を用意し、妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。 浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ。 兄の妻カトリーヌは、ルイとは初対面だった。 ぎこちない会話の後は兄と妹のケンカが始まり、ルイはなかなか「話」をすることができない…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年3月 6日 (月) 21時18分

« ベルマーレ、ホーム開幕戦勝利で連勝! | トップページ | 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」 »