« 日本、タイに4-0の順当勝ち | トップページ | 「モアナと伝説の海」:モアナのキャラが弱いなあ »

2017年3月30日 (木)

「雪女」:男は女の虜として・・・

359612_004

映画『雪女』は、監督・脚本・主演をこなした杉野希妃のほとんどワン・ウーマン映画。でも、なんだかなあです。映像はジャパネスクでエキゾチックなのですが、とにかく間延びしてて、つまらないのです。海外の映画祭での賞を意識してのジャパネスクか?なんて悪口を言いたくはないのですが・・・。

359612_007_2

この題材で長編映画にするのはかなりしんどいですよねえ。暗く静謐です。 あえてそうしたのでしょうが、時代設定がはっきりしないので、違和感が生じることもあります。昔話の世界なのに、後半に14年後の工場の場面とか洋服の人々とか出て来ると「あれっ?」って感じがしました。

359612_005

また、娘(山口まゆ)が台湾みたいな小学校の校庭で体操着を着て行う変な体操も相当奇妙でした。なんだか太極拳みたいでもあり、とにかく変な振り付けで・・・。 何なんでしょう、あれ? 何かのCMに使えそうでした。

359612_009

杉野監督&主演の前作『マンガ肉と僕』も、実のところ安部公房の『砂の女』ならぬ『肉の女』といった趣きの作品でした。この『雪女』も含めて、男が女に囚われるような物語です。男は常に女の虜(とりこ)。そこらへんがオブセッション的に暗い澱(よど)みとなっているところが、杉野さんらしさなのです。

 

|

« 日本、タイに4-0の順当勝ち | トップページ | 「モアナと伝説の海」:モアナのキャラが弱いなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70067478

この記事へのトラックバック一覧です: 「雪女」:男は女の虜として・・・:

» 雪女 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。小泉八雲原作、杉野希妃監督・主演。青木崇高、山口まゆ、佐野史郎、水野久美、宮崎美子、山本剛史、 松岡広大、梅野渚、森脇和成、川本三吉、大窪シゲキ。雪女の舞台 ... [続きを読む]

受信: 2017年3月30日 (木) 23時19分

« 日本、タイに4-0の順当勝ち | トップページ | 「モアナと伝説の海」:モアナのキャラが弱いなあ »