« 「キセキ あの日のソビト」:松坂桃李が良いです | トップページ | 最近出逢ったチーズケーキ×2 »

2017年3月15日 (水)

「バンコクナイツ」:長編ドキュメンタリー風フィクション

357929_004
映画『バンコクナイツ』は、2011年に『サウダーヂ』でキネ旬ベストテンの第6位に輝いた富田克也監督と製作集団「空族」による3時間2分の大作(タイ作?)。とは言え、いかにも低予算で、でも時間をかけて、粘って撮っているって印象がします。

だけど大江戸の場合『サウダーヂ』にもあまりノれなかったのと同様、本作にもさほど惹かれるところはありませんでした。バンコクってこんな所なのかあという勉強にはなりましたが・・・。

357929_002

オープニングで、いきなり“Bangkok, sh*t!”と出て来て、「おお、これは『地獄の黙示録』かしらん?」と思いました(あちらは“Saigon, sh*t!”でした)。まあ「東南アジアでの、戦争を背景にした異界巡り」ってことにおいてはそう言えなくもないけれど、テイストは随分違いますし、カーツ大佐は出て来ません。

357929_009

あえて時間をたっぷり使って、ダラダラ撮っています。ドキュメンタリー風フィクションとも言えます。そこから浮かび上がって来るものもあれば、ダラダラの中に埋もれていくものもあります。タイの「沈没組」と言われる日本人男性たちが中心的に描かれるのですが、何ともはやな人たちです。

その一方でタイ人の女性たちはやはりたくましいのです。彼女たちから出ているエネルギーは、歴代の様々な娼婦ものの系譜に連なっています。

357929_018
でも、彼女たちの行動の中に「猥雑の中の宝石=瓦礫の中のゴールデンリング」的な輝きが描かれていなかったのが残念。映画としては、フィクションとしては、やはりそこが勝負どころではないかと思うのです(西鶴だって溝口だって清順だってそうですもんね)。

|

« 「キセキ あの日のソビト」:松坂桃李が良いです | トップページ | 最近出逢ったチーズケーキ×2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69936774

この記事へのトラックバック一覧です: 「バンコクナイツ」:長編ドキュメンタリー風フィクション:

» バンコクナイツ [映画的・絵画的・音楽的]
 『バンコクナイツ』をテアトル新宿で見ました。 (1)本作は、素晴らしかった『サウダーヂ』(2011年)の富田克也監督が制作した作品と耳にして、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台はタイのバンコク。時間は夜。  本作の主人公のラック(Subenja Pongkon)の顔が、ホテルの部屋の窓ガラスに映っています。  彼女は、近くを流れる大きな川(注2)を窓から見下ろしながら、「バンコク、ウザイ…(Bangkok shit…)」と呟き、帰る支度に取り掛かります。  ベッドで座っ... [続きを読む]

受信: 2017年3月31日 (金) 18時50分

« 「キセキ あの日のソビト」:松坂桃李が良いです | トップページ | 最近出逢ったチーズケーキ×2 »