« 「哭声 コクソン」:なんだこりゃ? | トップページ | 「SING シング」:きゃりーの曲にびっくり »

2017年3月19日 (日)

「3月のライオン 前編」:映画としてのアプローチが成功

357281_004
映画『3月のライオン 前編』は、マンガ原作アニメ経由の娯楽映画として、よく出来ておりました。小生はNHKのアニメを(初期の数本を除いて)だいたい見ていましたが、そのストーリーを上手に映画の尺に収めておりました。ダイジェスト感がなくはないのですが、比較的それを感じさせない作品になっていました。そして、ちゃんと面白い作品になっていました。

357281_007

まあ残念だったのは、この作品の特徴であるコミカルな場面(&ニャーたちの出番)がほとんど無かったこと。ただ、あの表現はマンガやアニメだから可能なのであって、実写映像化した中でそれをやったら作品がブチ壊れてしまいますので、これはしょうがないところです。ま、特殊メイクで異様に太った(『聖の青春』の松山ケンイチとは別のアプローチですね)染谷将太が、コミカル部分は一手に引き受けておりましたが・・・。そういえば、染谷くんは『聖の青春』と本作という二つの将棋映画で、それぞれ重要なサブキャラを演じておりますね。

357281_009
有村架純は「初の悪女役」ってことで、お姉ちゃん(香子)を熱演してましたが、ある意味誰もが「ミスキャスト」だと思う役柄で、ちょっとかわいそう。「柄」ってもんがありますから、これは無理ってもんでしょう。

神木君も23歳で17歳の役ってのは、なかなか無理があろうかと思うのですが、彼は最高に「柄」が合っているので、なんとか成り立たせていました。

357281_001
役者で良かったのは、佐々木蔵之介、倉科カナ、高橋一生など。キャラクターに生き生きとした命を吹き込んでおりました。

将棋の対局場面は、戦う二人の顔のアップを多用することで説得力を持って描き切りました。駒の動きを説明していってもほとんどの観客は理解できないでしょうから、娯楽映画においてこれは正しいアプローチ。佐々木蔵之介の顔(表情演技)なんて、見事なもんでしたよ。どの試合も、なかなかの緊迫感と迫力が出ているのです。

さてさて、後編が楽しみですねえ。4月22日が待ちきれません。

|

« 「哭声 コクソン」:なんだこりゃ? | トップページ | 「SING シング」:きゃりーの曲にびっくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69980480

この記事へのトラックバック一覧です: 「3月のライオン 前編」:映画としてのアプローチが成功:

» 映画『3月のライオン 前編』★神木君の慟哭!応援せずにいられない [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
[続きを読む]

受信: 2017年3月19日 (日) 23時25分

» 劇場鑑賞「3月のライオン 前編」 [日々“是”精進! ver.F]
指し続けるしかない… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201703180001/ 映画 3月のライオン ビジュアルブック [ 菊池修 ]価格:2700円(税込、送料無料) (2017/3/10時点) ... [続きを読む]

受信: 2017年3月20日 (月) 06時31分

» 3月のライオン 前編 [象のロケット]
9歳の時に家族を事故で失った少年・桐山零は、プロ棋士・幸田柾近の家で育てられたが、中学生でプロ棋士となり高校生の今は一人暮らしをしている。 東京の将棋会館でついに幸田を打ち負かした夜、道に倒れていたところを助けられたことから、近隣の町に3姉妹だけで暮らす川本あかり、ひなた、モモのとの交流が始まった。 将棋漬けの毎日を送る零の前に、義姉・香子が現れる…。 青春ドラマ前編。... [続きを読む]

受信: 2017年3月21日 (火) 08時53分

« 「哭声 コクソン」:なんだこりゃ? | トップページ | 「SING シング」:きゃりーの曲にびっくり »