« 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」 | トップページ | ゴジキン »

2017年3月 7日 (火)

「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義

358652_005
映画『素晴らしきかな、人生』は、フランク・キャプラの名作『素晴らしき哉、人生!』とほぼ同じ題名ですが、中身は違います。それにしても、この作品の広告ビジュアルについている“LIFE, CAN BE WONDERFUL”って、いかにもインチキ英語くさくってイヤですね。ってか、そもそも何でこの邦題??

358652_003_2

物語の方も、相当に無理矢理な感じがしました。設定がかなり強引かつご都合主義で、もともとの根っこにあるウィル・スミスの深い悲しみに説得力がないというか、「いつまでメソメソしてんの?」って感じでした。あなたは生きていかなきゃいけないんだから・・・。

358652_001_2

ウィル・スミス、ヘレン・ミレン、エドワード・ノートン、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイなどの豪華キャストが全然輝いておりませんでした。よくもこれだけのキャストに、こんなナマクラ芝居をさせられたもんだって感じで、不思議なほどです。この監督(デイヴィッド・フランケル)の『プラダを着た悪魔』では、キャラクター達も生き生きとしていて、ツボを心得たウェルメイドな娯楽作だったのにねえ。こっちは、相当眠かったです。

358652_002

バーグドーフ・グッドマンのショーウインドウ、ロックフェラーセンターのスケート場、地下鉄のワシントン・スクエア駅、セントラルパークの橋などニューヨークの観光名所の登場も嬉しいです。ってゆーか、随分長いことニューヨークに行けてないのが(大好きなグレート・タウンなのに)とっても寂しい大江戸なのでした。

|

« 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」 | トップページ | ゴジキン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69844099

この記事へのトラックバック一覧です: 「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義:

» 『素晴らしきかな、人生』 悪意転じて福と成る? [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケルの最新作。  キャストはウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンと豪華。  最近の『永い言い訳』とか『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』などと同じように、近しい人を亡くした者のグリーフワーク(喪の仕事)を題材としている(『雨の日』は主人公の壊れっぷりにちょっとついていけなかったけれど...... [続きを読む]

受信: 2017年3月 7日 (火) 23時37分

» 素晴らしきかな、人生~キリスト教的会社観 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Collateral Beauty。デヴィッド・フランケル監督。ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン、マイケル・ ... [続きを読む]

受信: 2017年3月 8日 (水) 00時07分

» 素晴らしきかな、人生 [象のロケット]
ニューヨークの広告代理店で成功を収めていた男ハワード。  しかし彼は最愛の娘を亡くした喪失感から、何をする気力もない状態だった。 同僚たちはそんなハワードと、会社の将来を心配していた。 ある日、ハワードの前に3人の奇妙な男女が現れる。 年代も性別も異なる彼らは、不可思議な言葉をハワードに投げかける…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年3月11日 (土) 16時04分

» 素晴らしきかな、人生 / Collateral Beauty [勝手に映画評]
順風満帆だった人生から、娘の死を切っ掛けに一気に人生のどん底に落ち込んでしまった企業経営者の男性が、自分の人生を取り戻すまでの話。 錯誤によって取締役会を主導するのは、法的に許されることなんですかね?だって、取締役会で流されたビデオは、ねつ造だよね?「...... [続きを読む]

受信: 2017年3月12日 (日) 17時31分

« 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」 | トップページ | ゴジキン »