« 「ラビング 愛という名前のふたり」:物静かに語る | トップページ | 日本、タイに4-0の順当勝ち »

2017年3月27日 (月)

「ボヤージュ・オブ・タイム」:理科の授業で見せましょう

359229_001
映画『ボヤージュ・オブ・タイム』は、テレンス・マリック監督による地球と人類の壮大な歴史絵巻。なんせ宇宙のビッグバンから始まって、地球が生まれ、海から生命が誕生し、分化、進化し、陸地や空でも活動し、人間が登場し…そして現代、という何とも気宇壮大な映画です。これこそはIMAXの巨きなスクリーンで観たい作品ですよねえ。なのに、都内ではTOHOシネマズ・シャンテの小さなスクリーンのみでの公開です。

359229_007

ついでにそのシャンテでの公開は日本語版のみ。別に中谷美紀さんのナレーションは悪くありませんが(むしろ適任だと思います)、本来のケイト・ブランシェット版で観たかったですねえ。ナレーションの分量がそんなに多くはないので、字幕が映像の邪魔になるほどではないと思いますし・・・。

359229_005

映像のルックとしては、「ナショナル・ジオグラフィック」 とか「BBCドキュメンタリー」とかのようです。宇宙の絵も、地理的な絵も、生物的な絵も、みんなセンス・オブ・ワンダーかつ教科書的なな映像です。これ小学校の理科の授業で観せるといいんじゃないかな359229_003_2あ。

一方で原始人の男女は、妙にスラっとしていて、ジムで鍛えたような筋肉を持っていて、現代感アリアリでした。この人たちが、槍みたいな道具を手にしたとたん現代にリープしてしまうのは、あたかも『2001年宇宙の旅』みたいですよね(争いの描写もあったし)。そもそも本作の冒頭の原初の宇宙映像も、ほとんど『2001』のスター・ゲイトみたいなのでありました。

不満なのは、現代の映像。これ、あまり良くないですねー。これならマリックの近作『聖杯たちの騎士』の映像の方が、大いに魅力的でした(『コヤニスカッティ』的で)。

|

« 「ラビング 愛という名前のふたり」:物静かに語る | トップページ | 日本、タイに4-0の順当勝ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70036439

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボヤージュ・オブ・タイム」:理科の授業で見せましょう:

» ボヤージュ・オブ・タイム [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Voyage of Time: Life's Journey。テレンス・マリック監督、ナレーション:ケイト・ブランシェット(日本語版・中谷美紀)。マリックの「ツリー・オブ・ライフ」の別バージョン ... [続きを読む]

受信: 2017年3月28日 (火) 00時01分

« 「ラビング 愛という名前のふたり」:物静かに語る | トップページ | 日本、タイに4-0の順当勝ち »