« ベルマーレ首位キープ +日本代表のUAE戦 | トップページ | 「ボヤージュ・オブ・タイム」:理科の授業で見せましょう »

2017年3月26日 (日)

「ラビング 愛という名前のふたり」:物静かに語る

359053_002
映画『ラビング 愛という名前のふたり』は、異人種間の結婚を禁じる法律があった時期のアメリカ(バージニア州)の実話に基づく物語。たかが5-60年前の話です。 アメリカ大統領が人種差別をあおるような時代ですから、このような作品の意義は決して小さくありません。ただこの作品自体は、声高に主張するタイプではありません。静かに、淡々と、ただ「こんなこともあった」と伝えるのみです。

359053_005

レンガ積み職人のジョエル・エドガートンはブロンドの短髪にして、いつもとはだいぶ違った雰囲気です。悪役じゃないし。 でもこの主人公、見ててハラハライライラするというか、あまりにも無謀です。リスク管理なしに、危ないことをやっちゃう性格なんですね。頭の悪さとブルーカラーであることのコンプレックスで一杯のようですが、彼をなんとかコントロールして救っているのは、ほかならぬ妻なのです。

359053_001

そういったことも含めて、告発の物語だとか差別へのプロテストだとかいうよりも、これは夫婦愛の物語なんですね。その点においては、エドガートンの夫も憎めない奴ではあります。 こんな(頭脳より肉体な)タイプなのに、 決してわめき散らしたり暴力に訴えたりはしませんもん。まあ、良い相性の夫婦だったんでしょうね。

359053_007_2

二人が蒙る迫害や不条理もそこそこ(この手の映画にしては、それほどひどいわけではありません)。大抵は現実的な救いの手がもたらされます。裁判も、丁々発止の攻防戦が描かれたりはしません。なので、映画的には盛り上がりが無く、地味に終始します。まあそういう誠実なタイプの作品だとはわかっておりますが、それでももう少し盛り上げて欲しかったですねえ。そこらへんの通俗的な感動って、映画が長く後世に生き残っていくためには、結構重要だったりしますから。

|

« ベルマーレ首位キープ +日本代表のUAE戦 | トップページ | 「ボヤージュ・オブ・タイム」:理科の授業で見せましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70055734

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラビング 愛という名前のふたり」:物静かに語る:

» 『ラビング 愛という名前のふたり』 白人と黒人との距離 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『テイク・シェルター』『MUD‐マッド‐』のジェフ・ニコルズの最新作。  主演女優のルース・ネッガはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。  「ラヴィング対ヴァージニア州裁判」として知られる出来事を題材にした作品。  大工として働くリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人ミルドレッド(ルース・ネッガ)から妊娠したことを告げられ結婚を申し込む。しかし、彼ら...... [続きを読む]

受信: 2017年3月26日 (日) 23時38分

» ラビング [映画的・絵画的・音楽的]
 『ラビング 愛という名前のふたり』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)出演しているルース・ネッガがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、1958年のバージニア州(注2)。 ...... [続きを読む]

受信: 2017年3月27日 (月) 05時38分

» ラビング 愛という名前のふたり [象のロケット]
1958年、アメリカ。 レンガ職人の白人青年リチャード・ラビングは、黒人の恋人ミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 しかし、彼らが生まれ育ったバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。 二人はワシントンDCで結婚するが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう…。 実話から生まれたラブ・ストーリー。 ≪ただ、一緒にいたかった― その切なる願いが、世界を変えた。≫... [続きを読む]

受信: 2017年3月27日 (月) 15時39分

» 映画:ラビング 愛という名前のふたり Loving 人種の多様性を基本としてきたアメリカの揺らぎがある今、こういう映画が封切られるのは非常に意義がある。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
ド派手な「ラ・ラ・ランド」とは対極。 だが両方とも主演女優がアカデミー賞候補で、結果はデカ目のストーンがオスカーを獲得(笑) こちらの主演女優 ルース・ネッガ (写真:左)の演技は劇渋い。 寡黙な夫は白人、彼女は黒人。 彼らが生きていたバージニア州の当時1958年、まだ異人種間の結婚が禁じられていた。 このため、妊娠を機に合法に結婚できるワシントンで式を挙げるが、戻ったところで逮捕! そこから2人の苦闘が始まる...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 3日 (月) 01時52分

« ベルマーレ首位キープ +日本代表のUAE戦 | トップページ | 「ボヤージュ・オブ・タイム」:理科の授業で見せましょう »