« 展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」:Japanese POP! | トップページ | 「ゲゲゲの人生展」&「『君の名は。』展」@松屋銀座 »

2017年3月12日 (日)

「彼らが本気で編むときは、」:日本に必要な映画

357890_001
映画『彼らが本気で編むときは、』は、そくそくと心に沁み入るようなビューティフルな作品。荻上直子監督の作品としては、これまでのオフビートまったり系から転じて、しっかりと物語を語っています。

357890_004

トランスジェンダーの主人公を扱った初めてのメジャー日本映画なのではないでしょうか? 極めて真摯な姿勢で、でもクソ真面目に堕することなく、良質の映画となっています。適度のユーモアと、適度の感動(決して「泣かせ」には走りません)、そしてナチュラルな社会性(性同一性障害の他に、ネグレクトにも言及しています)。うーん、良いです。日本に必要だった映画です。

357890_006

この物語の重要なポジションに小学生の女の子(トモ)を配したことが、奏功してます。観る者は彼女と一体化して、リンコさんを好きになってしまうのです。そして自分の中に多かれ少なかれ存在する偏見や特別扱いする心が、映画を観た後ではかなり是正されたことに気づくのではないでしょうか? 成熟した幸福な社会とは、少数派を排除しない社会なのだと思います。 そして対象がどうであろうと、人を愛することは素敵なことに違いありません。

357890_010
本作の生田斗真は決して「名演」ではないような気がしますが、リンコさんの「人としての魅力」がじわっとにじみ出てくるところがさすがです。

毛糸で作ったリンコさんの「煩悩」が、あたかも往年の草間彌生のモチーフみたいでした。その数「108」のことを、トモが「消費税込み?」とか言うところがおかしかったなあ。

|

« 展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」:Japanese POP! | トップページ | 「ゲゲゲの人生展」&「『君の名は。』展」@松屋銀座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69899805

この記事へのトラックバック一覧です: 「彼らが本気で編むときは、」:日本に必要な映画:

» 『彼らが本気で編むときは、』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「彼らが本気で編むときは、」 □監督・脚本 荻上直子□キャスト 生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、       小池栄子、門脇 麦、りりィ、田中美佐子■鑑賞日 3月5日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆...... [続きを読む]

受信: 2017年3月12日 (日) 23時19分

» ショートレビュー「彼らが本気で編むときは、・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
彼らが本気で編んでいるものとは? 母娘二人暮らしの母子家庭。 何かと問題のある母が突然失踪し、少女・トモが身を寄せたマキオ叔父さんの家には、トランスジェンダーのパートナー、リンコさんがいた。 最初は戸惑ったものの、親身に世話をしてくれるリンコさんの優しさに癒され、いつしか三人は本当の家族の様になってゆく。 しかし、まだまだ日本の社会は性的マイノリティーに対して寛容とは言い難い。 ...... [続きを読む]

受信: 2017年3月12日 (日) 23時49分

» 映画『彼らが本気で編むときは、』★リンコのおっぱいは本物以上に本気(^_-)-☆ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170045/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 主演:生田斗真(=リンコ:介護福祉士) 監督・脚本:荻上直子 ・トランスジェンダー:リンコ ←予想以上に良かった! ・リンコの彼:マキオ ・マキオの姪っ子:トモ ←母は家出を繰り返し、マキオ宅へ。 ・トモの祖母:りりィさん♪←リン...... [続きを読む]

受信: 2017年3月14日 (火) 12時40分

» 彼らが本気で編むときは、 [象のロケット]
小学5年生の女の子トモは、母ヒロミと二人暮らし。 ある日、いつものようにヒロミが男を追って姿を消し、しばらく叔父マキオの家に滞在することに。 しかし、マキオの家にはリンコという恋人がいた。 介護士として働くリンコは、元男性の女性。 殺風景だったマキオの部屋はキレイに整えられており、リンコは料理上手で優しく、トモは初めて家庭の温もりを感じるのだった…。 ハートウォーミング・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2017年3月15日 (水) 08時49分

» 『彼らが本気で編むときは、』('17初鑑賞17・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 2月25日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン4にて 15:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017年3月15日 (水) 13時29分

» 彼らが本気で編むときは、 [とりあえず、コメントです]
荻上直子監督がオリジナル脚本で創り上げた家族の物語です。 予告編を観て、トランスジェンダーの恋人と暮らす叔父のもとに小学生の女の子が来るって どうなるのだろうと気になっていました。 生田斗真&桐谷健太主演で紡がれた物語は未来とを優しさをしみじみと伝えてくれました。 ... [続きを読む]

受信: 2017年3月19日 (日) 10時29分

» 「彼らが本気で編むときは、」共に生活して知った家族として男女は関係ない人として接する事が大切だという事 [オールマイティにコメンテート]
「彼らが本気で編むときは、」はLGBTを抱えた男性が姉の娘を預かる事となり、そこで家族として生活するうちに本当の家族になろうとして行くストーリーである。LGBTという理解するの ... [続きを読む]

受信: 2017年3月27日 (月) 00時25分

« 展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」:Japanese POP! | トップページ | 「ゲゲゲの人生展」&「『君の名は。』展」@松屋銀座 »