« 「たかが世界の終わり」:家族はつらいよ | トップページ | 「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義 »

2017年3月 6日 (月)

「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」

358748_007
映画『王様のためのホログラム』は、柄にもない大作で大失敗した『クラウド アトラス』のトム・ティクヴァ監督が、同作に続いてトム・ハンクスと組んだ小品。今回はまあまあの出来です。前作と違って冒険はしてないけど、オーソドックスに見せるって感じ。

358748_004

サウジアラビアの砂漠の中というアウェイ状態で、トム・ハンクスが右往左往する異文化コミュニケーション映画です。暑さも不条理的フラストレーションも、きちんと描かれています。コメディとしても、まあまあ笑わせます(爆笑とはいきませんが)。

358748_005

なぜか終盤に至って、ラブロマンスの要素が急拡大して来ます。そこは何だか取ってつけたようで、唐突な印象がしました。還暦を迎えたトム・ハンクスには、似合わない気もしましたし・・・。それに終盤はテンポが悪くなって、1時間38分の作品なのに、やけに長く感じられました。中盤まではまあまあのテンポだったんですが。

358748_002

『スター・ウォーズ』エピソード4のレイア姫のホログラムを実寸にしたような映像が面白かったです。それだけに、このくだりをもう少しふくらませてもらいたかったなあ。その映像にベン・ウィショー(ティクヴァ監督作では『パフューム』以降、常連)が出て来たのには、ちょっとびっくりでありました。

|

« 「たかが世界の終わり」:家族はつらいよ | トップページ | 「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/69832258

この記事へのトラックバック一覧です: 「王様のためのホログラム」:全てにわたって「まあまあ」:

» 王様のためのホログラム [象のロケット]
大手自転車メーカーの取締役を解任されたアランは、一発逆転をかけIT業界に転職する。 サウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行くことになったが、砂漠のオフィスはボロテントでWi-Fiもつながらず、プレゼン相手の国王の予定も分からない。 上司からプレッシャーをかけられ追いつめられたアランの前に、ある人物が現れる…。 コメディ。... [続きを読む]

受信: 2017年3月 7日 (火) 22時29分

« 「たかが世界の終わり」:家族はつらいよ | トップページ | 「素晴らしきかな、人生」:ナマクラでご都合主義 »