« ようやくサラベス初体験(今ごろ) | トップページ | 「ゴースト・イン・ザ・シェル」:哲学から娯楽性へ »

2017年4月15日 (土)

「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話

359060_004
映画『LION ライオン 25年目のただいま』は、もう予告編だけですべてを語っちゃってる作品。スケールの大きな迷子実話であり、巷間で言われているようにグーグルアース讃歌でもあります。

インドでの迷子シークェンスに関しては、台詞がほとんどなくてあたかもサイレント映画のよう。でもこのあたりの一つ一つの描写はしっかりしています。テンポも良いです。

359060_011

ところが中盤からのオーストラリア部分になると、ガクッとテンポが悪くなります。結局これ、物語としては(実話をもとにしているだけに、必要以上にひねれないし)3-40分で語れるような代物なんですよね。それを1時間59分の映画に引き伸ばしちゃってるものですから、どうしたってダレてしまうのです。主人公が悩み、周囲の人々と静かに語る場面が延々と続くものですから、これではしんねりむっつりと停滞して、イキのいい映画になっていきません。

359060_001
(以降ネタバレあり) で、邦題からも予定される通りの結末となるのですが、まあ必要以上にドラマティックに盛り上げたり、感動をあおらないあたりには好感がも持てました。でも、「再開できたよ、良かったね」以上の話にならないことも事実で、映画としての物足りなさが残ります。

359060_005
デヴ・パテルは髪型とヒゲのせいか妙にカッコ良くなりましたね。堂々と主役の芝居です。彼とルーニー・マーラが道の両サイドを歩く場面の、ルーニーの動き(くるりと回ったり、柱に隠れたり)が、かわいいったらありゃしませんでした。 そしてオスカー助演女優賞にもノミネートされたニコール・キッドマンが、初めてのおばさん演技。ゴージャスに見せることなく、肌の衰えや首のシワを見せておりました。これからのキャリアを考えての決心だったのでしょうね。実際にアカデミー賞の授賞式では、まだまだゴージャスでしたもん。

|

« ようやくサラベス初体験(今ごろ) | トップページ | 「ゴースト・イン・ザ・シェル」:哲学から娯楽性へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70273224

この記事へのトラックバック一覧です: 「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話:

» LION ライオン 25年目のただいま~/LION [我想一個人映画美的女人blog]
やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人になってGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話の映画化 今年のアカデミー賞で作品賞、助演男優賞、助演女優賞他、6部門でノミネート。 5歳のサルーを演じるのは、なんと映画初出演のサニー・パワールくん。 先日のレッドカーペットにも現れて生で見れたけど、... [続きを読む]

受信: 2017年4月16日 (日) 01時02分

» 映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて… [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何日もアテのない旅に 最後に着いたのは大都市 カルカッタ。 路上生活者として、子供のグループに入るものの、警察に連行され孤児院に。 しばらく過ごし...... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 01時37分

» 映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』★感慨の実話:数奇な生き様と養父母の愛 [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170117/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 1986年に、迷子になったインドの少年サル―(5歳)が 25年余で、“自宅“に帰れた”実話”ということに 興味を惹かれて、鑑賞しました☆ 1986年は、日本ではバブルの頃。 (バブルでなくても、日本では、そこまでの貧困と混沌はないかと)...... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 18時43分

» LION/ライオン ~25年目のただいま~ [to Heart]
原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテル/サニー・パワール/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 22時41分

» LION/ライオン 25年目のただいま [象のロケット]
1986年、インド。 5歳の少年サルーは迷子になって孤児院へ送られ、はるばるオーストラリアへ養子に出された。 …2008年、メルボルンの学校でインド出身の学生たちと親しくなったサルーは、インドの家族に逢いたくてたまらなくなってしまう。 僅かな手掛かりを頼りに、Google Earthで故郷を探す“地図の旅”が始まった…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。 ≪迷った距離1万キロ。 探した時間25年。 道案内はGoogle Earth≫... [続きを読む]

受信: 2017年4月18日 (火) 08時42分

» 『LION /ライオン ~25年目のただいま~』('17初鑑賞37・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017年4月22日 (土) 18時07分

» LION/ライオン 25年目のただいま [映画的・絵画的・音楽的]
 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、インド中西部の田舎町。  映画は、空から地上を俯瞰する画面が続きます。カ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月26日 (水) 06時18分

» 「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 [或る日の出来事]
Google、株、上げたな!? [続きを読む]

受信: 2017年4月28日 (金) 06時22分

» Google Earthの奇跡。~「LION ライオン 25年目のただいま」~ [ペバーミントの魔術師]
5歳の子供が夜中になんかの仕事をしようと思ってもそりゃ起きてらんないわな。なんでもお兄ちゃんの後を追っかけて同じようにやろうとおもってもやっぱり幼児。勝手に忍び込んで、 ... [続きを読む]

受信: 2017年5月11日 (木) 13時28分

« ようやくサラベス初体験(今ごろ) | トップページ | 「ゴースト・イン・ザ・シェル」:哲学から娯楽性へ »