« 「はじまりへの旅」:過ぎたるは猶及ばざるが如し | トップページ | 歌舞伎町のマック先生 »

2017年4月12日 (水)

「わたしは、ダニエル・ブレイク」:怒りのメッセージ、ケン・ローチの集大成傑作

358758_010
映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』は、これまでに観たケン・ローチ監督作品の中で一番好きです。80歳になった巨匠の集大成にして最高傑作という広告フレーズめいた誉め言葉も、どうしてどうして実にその通りなのです。

この作品を観て、義憤にわななかない人はあまりいないのではないでしょうか。制度や役所の非人間性をストレートに糾弾して、強力なメッセージ性で訴えかけてきます。

358758_001
何しろ映画館では終映後に、重い感動と落涙とやりきれなさとで席を立てないでいる人がやけに多かったことに驚きながら、そうだよなあと納得しておりました。これは「観る者を怒らせる映画」なのではないでしょうか? あくまでも理不尽に対する正義の怒り、善意の怒りです。 このイギリスの役所仕事のひどさを見ていると、日本の公務員ってかなり人間的でえらいなあと思わざるを得ません。本作に描かれているような人間の尊厳をつぶし、ヘタすれば人を殺すような硬直化したシステムやルールなんて、いったい誰のためにあるのでしょうか? とても21世紀の文明社会の出来事とは思えません。

358758_003

主人公のダニエルさんも、シングルマザーのケイティも、まじめに生きようとしている真っ当な人たちなのに、それをあざ笑うかのような非人間的な「壁」の前に、不当に虐げられます。終盤にダニエルの取った捨て身の行動は痛快ではありますが、多くの人はその前にブチ切れてしまうのではないでしょうか。 ラストで読みあげられる言葉も、胸を打ちます。 そしてケイティが空腹のあまり・・・という場面では、意表を突かれて胸が詰まりました。凄い作品です。

358758_006
この傑作を観たら、その姿勢がケン・ローチと重なる山田洋次さんには、『家族はつらいよ』あたりでお茶をにごさずにもっと頑張ってほしいなどと思ってしまいました。でも山田さんは松竹を背負っちゃってるからなあ・・・。

ダニエル役のデイヴ・ジョーンズ(なんとコメディアンなのだとか!)も、ケイティ役のヘイリー・スクワイアーズも人間の魅力にあふれた見事な演技。その他の役者も素晴らしいと思います。 そしてこの100分に込められたケン・ローチの渾身の(でも力み過ぎない)メッセージを、私たちは無駄にしてはならないと思うのです。

|

« 「はじまりへの旅」:過ぎたるは猶及ばざるが如し | トップページ | 歌舞伎町のマック先生 »

コメント

こんにちは。TBをありがとうございました。
本当に凄い作品でしたね。
>ケイティが空腹のあまり・・・という場面では、意表を突かれて胸が詰まりました。
と書かれていらっしゃいますが、本当に、母として子供たちだけにはひもじい思いをさせてこなかった、対して自分が空腹であることを微塵も感じさせなかった、そのケイティの母としての高潔さに胸が震えます。
もうひとつ、娘が学校でいじめられないように新しいスニーカーを買ってあげたいというその思いから道を外れた仕事に就くケイティのその決断、ダニエルがエスコートサービスのその場所を訪れた時の態度に対しても、心の中で涙が止まりませんでした。

投稿: ここなつ | 2017年4月13日 (木) 12時24分

ここなつさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通りで、こんな高潔な魂の人々を救えない制度、救えない社会って何なんでしょうね。人に寄り添えないシステムや国家なんて…。
本当に力強く心に突き刺さる映画でした。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年4月13日 (木) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70240486

この記事へのトラックバック一覧です: 「わたしは、ダニエル・ブレイク」:怒りのメッセージ、ケン・ローチの集大成傑作:

» 『わたしは、ダニエル・ブレイク』 為政者の方々にはお薦めかと [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ケス』『ジミー、野を駆ける伝説』などのケン・ローチ監督の最新作。  カンヌ国際映画祭において、『麦の穂をゆらす風』以来の二度目のパルム・ドールを獲得した作品。    還暦間近の大工ダニエル(デイブ・ジョーンズ)は心臓の病気で医者に仕事を止められてしまう。仕事ができないために国の援助を受けようとするのだが、煩雑な制度に阻まれていつになっても給付を受けることができない。同じよう...... [続きを読む]

受信: 2017年4月13日 (木) 00時19分

» わたしは、ダニエル・ブレイク [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 イギリス&フランス&ベルギー  ドラマ  監督:ケン・ローチ  出演:デイヴ・ジョーンズ      ヘイリー・スクワイアーズ      ディラン・フィリップ・マキアナン   ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月13日 (木) 17時07分

» ショートレビュー「わたしは、ダニエル・ブレイク・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
最後まで、尊厳を捨てない。 ケン・ローチらしい、社会福祉のあり方をテーマとした硬派の社会派ドラマ。 007俳優みたいな名前の主人公は、心臓の病気で大工の仕事を医師から止められた、男やもめの爺さんだ。 彼はある日、社会福祉事務所で幼い2人の子供を抱えたシングルマザーのケイティと知り合い、交流を深めてゆく。 病気を抱えた老人と、新しい土地にやって来た母子家庭。 どちらも助けを必要と...... [続きを読む]

受信: 2017年4月13日 (木) 22時30分

» わたしは、ダニエル・ブレイク [象のロケット]
イギリス、イングランド北東部の工業都市ニューカッスル・アポン・タイン。 59歳の大工ダニエル・ブレイクは、心臓病で医者から働くことを禁止される。 ところが、雇用支援手当の継続審査では「就労可能、手当中止」と判定されてしまう。 そんな時、ダニエルは近所に住むシングルマザーのケイティと出会う。 幼い子どもを2人も抱え仕事もないケイティを、何かと手助けするダニエルだったが…。 社会派ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年4月15日 (土) 11時24分

» わたしは、ダニエル・ブレイク [映画的・絵画的・音楽的]
 『わたしは、ダニエル・ブレイク』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作(注1)が昨年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した作品ということで(注2)、映画館に行きました。  本作(注3)の舞台は、現代のニューカッスル。  本作の冒頭では、主人公のダニエル...... [続きを読む]

受信: 2017年4月18日 (火) 18時34分

» わたしは、ダニエル・ブレイク★★★★ [パピとママ映画のblog]
『麦の穂をゆらす風』などのパルムドールの常連ケン・ローチ監督がメガホンを取り、社会の片隅で必死に生きようとする男の奮闘に迫る人間ドラマ。病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとする姿を描く。コメディ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月21日 (金) 14時32分

» わたしは、ダニエル・ブレイク [セレンディピティ ダイアリー]
イギリス社会派映画の巨匠、ケン・ローチ監督の最新作「わたしは、ダニエル・ブレイク」(I, Daniel Blake)を見ました。複雑で理不尽な社会保障制度の前に立ち尽くす弱者の姿を描いたヒューマンドラマ。2016年、カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)受賞作です。 ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月22日 (土) 22時14分

« 「はじまりへの旅」:過ぎたるは猶及ばざるが如し | トップページ | 歌舞伎町のマック先生 »