« 「キングコング 髑髏島の巨神」:迫力の怪獣プロレス | トップページ | 「パッセンジャー」:時間というものは・・・ »

2017年4月 2日 (日)

「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画

358996_003
映画『ムーンライト』は、アカデミー最優秀作品賞を受賞したのが嘘みたいなほど、地味で「上等」な映画。普通こういう映画は、ひっそりとしか評価されないわけですが、現在のタイミングが味方して大きな名声を得たのです。やはりオスカーに関しては、前年・前々年の「黒人作品&俳優が選ばれない。差別だ。」という批判からの流れで、大きな反動が起きたということなのでしょう(それが無ければ、当然『ラ・ラ・ランド』ですよねえ。フェイ・ダナウェイも同意してくれるはずです)。

358996_005

主人公同様に寡黙な映画です。とにかく「皆まで言わない」作品なのです。鑑賞に当たってはある程度の映画リテラシーが求められますし、ベタに説明することはないので、セリフや行動から想像するしかないのです。微かなヒントを読む=「行間を読む」べき映画とでも申しましょうか・・・。ただきちんと読み取れるようにも作ってあるので、自分で読み取れた時の感銘は、本作の静かな醍醐味だと言えるでしょう。

358996_002
カットの初めのうちはどこにも焦点が合っていない映像だとか、あえてピンボケさせていたりするカットもあって・・・。でも、いい色のいい絵が撮れているんですよねー。 で、撮影監督を調べてみたら、・・・ひえー、このジェームズ・ラクストンって人、あの改造セイウチ人間の映画『Mr.タスク』を撮った方ではあーりませんか! いや、びっくり。

358996_004

3つの章のうち2番目(少年期)で、主人公が普通のストレート・ジーンズをはいてるだけで、「なんだ、その女みたいな細いジーンズは」などとからかわれるのですが、あれでからかわれるんじゃ、スリムやスキニーのパンツはどうなってしまうのでしょうか? そういえばヒップホップ以降のアフリカ系の方々って、本当にぶっといパンツばかりですよね。かつてのジャズの方々は、細いパンツが多かったのにね。だからその部分は、ライアン・ゴズリングがやってくれちゃってるのでしょうか?

|

« 「キングコング 髑髏島の巨神」:迫力の怪獣プロレス | トップページ | 「パッセンジャー」:時間というものは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70133875

この記事へのトラックバック一覧です: 「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画:

» ムーンライト・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
熱情のムーンライトブルー。 マイアミに住む気弱な1人の少年が、たった一つの愛を胸に、自分が何者かを探しながら大人になるまでを描く物語。 原案はタレル・アルバン・マクレイニーの半自伝的戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue(月光の下で、黒人の少年がブルーに輝く)」で、これが長編二作目となるバリー・ジェンキンスによって脚色・監督された。 タイトル通り淡...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 2日 (日) 23時40分

» ムーンライト [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(P) 第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた実力の程は… [続きを読む]

受信: 2017年4月 2日 (日) 23時46分

» ムーンライト(2016)〜ブルーからブラックへ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。バリー・ジェンキンズ監督。トレヴァンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・R・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホランド、 ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 2日 (日) 23時53分

» "Hello Stranger"『ムーンライト(MOONLIGHT)』バリー・ジェンキンズ監督 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『ムーンライト』MOONLIGHT 監督・脚本 : バリー・ジェンキンズ出演 : トレヴァンテ・ローズアッシュトン・サンダースアレックス・R・ヒバートマハーシャラ・アリナ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 3日 (月) 06時59分

» ムーンライト [象のロケット]
アメリカ・フロリダ州マイアミ。 麻薬に溺れる母親と暮らす内気な黒人少年シャロンはいじめられっ子で、麻薬ディーラーの男ファンと彼の恋人テレサ、そして同級生の少年ケヴィンだけが心を許せる相手だった。 …高校生になったシャロンとケヴィンは、月の輝く夜、初めてお互いの本当の気持ちに気づく。 ところが翌日、学校で事件が起こってしまう…。 ラブ・ストーリー。 R-15 ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 3日 (月) 08時23分

» 「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この作品だからこそアカデミー賞作品賞に相応しいのだ☆... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 10時34分

» ムーンライト / Moonlight [勝手に映画評]
第89回アカデミー賞で、前代未聞の大逆転による(実際には、逆転なんかしていないけどね)作品賞受賞の他、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞した作品。 ゲイが主人公の作品と言えば、“アカデミー賞本命!”と言われながらも、受賞を逃した『ブロークバック・マウンテン』...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 18時19分

» ムーンライト★★★★ [パピとママ映画のblog]
貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。 <感想>今年のアカデミー賞作品賞に輝き、マハーシャラ・アリが助演男優賞に輝いた本作品。製作総指揮はブラッド・ピット。企画、製作手腕には定評があり、「それ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 21時06分

» ムーンライト/MOONLIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
「ラ・ラ・ランド」と取り違えるという前代未聞のミスがあった今年のアカデミー賞作品賞の受賞作。 「エクス・マキナ」や「AMY/エイミー」などの配給でヒットを飛ばした映画会社A24と、 ブラピの制作会社であるプランBが製作した低予算で作られたインディペンデント作品。 タレル・アルヴィン・マクレイニーによる ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 23時23分

» 『ムーンライト』('17初鑑賞29・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:40の回を鑑賞。 字幕版。 [続きを読む]

受信: 2017年4月 9日 (日) 12時49分

» 映画:ムーンライト Moonlight 当ブログ的にこの映画のテーマは「愛」ではなく、「負の連鎖」。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
3部で構成される、黒人少年の成長?記。 主人公はなんと!、常に「寡黙」 全くアメリカ人っぽくない(笑) なぜそうなったかは少年の家庭がまず大きい。 片親の母親はドラッグにふけり、オトコを家に連れ込む。 そんな環境に置かれるうちに、「いじめ」にあい、どんどん内緒的に陥っていく...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 9日 (日) 14時44分

» 「ムーンライト」 [或る日の出来事]
いろんな人生があるものだと。 [続きを読む]

受信: 2017年4月23日 (日) 21時42分

« 「キングコング 髑髏島の巨神」:迫力の怪獣プロレス | トップページ | 「パッセンジャー」:時間というものは・・・ »