« 「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画 | トップページ | 「未来よ こんにちは」:平熱のアンマリード・ウーマン »

2017年4月 3日 (月)

「パッセンジャー」:時間というものは・・・

359024_005_2
映画『パッセンジャー』は、なかなかどうして一筋縄ではいかない作品。SFとしてはこう行くでしょう、みたいな予断を許さずに、人間というものに迫ろうとしております。しかも大上段に振りかぶらないで、あくまでも下世話な感じで。 「あなただったらどうする?」という決断を迫られる作品でもあります。 時間というものは残酷なものでございます(今ウケたのは、CKBのファンの方ですね)。

359024_001でも考えてみれば、1羽で飼われている「籠の鳥」って、ほとんどこういうことですよね。その場合は飼い主がアンドロイドのバーテンダーってことで。

(以降少々ネタバレあり) ひとりぼっちのクリス・プラットの深い深い葛藤を描いているのかと思いきや、物語は割と簡単にラブ・ストーリー寄りになっていきます。でも・・・って感じで、なかなか先が読めない異色作でもありました。ただ、この状況下では生物学的にはこの二人が結ばれるのは理の当然でありまして、人間ならではの面倒臭さを描いたというか、・・・いや、あのアンドロイド・バーテンダーがおしゃべり野郎なのがいけないんです(ま、それ以前にクリス・プラットの行動がいけないんですが)。てか、小生ならジェニファー・ローレンスを選ぶことはないでしょうね(嫌いなので)。

359024_007
それはそうと、あのバーときたら『シャイニング』のバーそのものじゃないですか。造りといい、構図といい、バーテンダーの服装といい・・・。本作には『2001年』ぽい構図やディテールも多く見られましたので、監督さん(『イミテーション・ゲーム』のモルテン・ティルドゥム)はキューブリックのファンなんでしょうね。

359024_002

ツッコミ所や疑問点はありましたが(あれだけ炎熱を浴びたら生きてれらないだろーとか、無重力の宇宙に放出されたらどこまでも飛んで行っちゃうだろーとか)、さほど気になるものでもありませんでした。 むしろ決着のつけ方などは、一回りしてアリって感じによく出来ておりました。

主要登場人物が3人(+アンドロイド1名)という、ミニマム・キャスティング。その分、プロダクションデザイン(美術)とVFXにお金をかけられたってことでしょうねえ。

 

|

« 「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画 | トップページ | 「未来よ こんにちは」:平熱のアンマリード・ウーマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70144937

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッセンジャー」:時間というものは・・・:

» パッセンジャー〜ガスが目覚めた謎 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Passengers。脚本・製作総指揮:ジョン・スペイツ、モルテン・ティルドゥム監督。ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フ ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 00時11分

» 映画:パッセンジャー Passengers 「スタートレック」はOKだが「スターウォーズ」はイマイチ、な訳を、今作をきっかけに議論(汗) [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
最初に、当ブログが「SF」に求める重要な基準、を説明したい。 それは、「将来あるかもしれない未来」を垣間見れるか、どうか、という点。この点って、とても重要!(この後、問題発言に移る) で、「スタートレック」はOKだが、比較では「スターウォーズ」はイマ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 00時31分

» 劇場鑑賞「パッセンジャー」 [日々“是”精進! ver.F]
いつまでも二人で… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201703240001/ パッセンジャー / Passengers (Original Motion Picture Soundtrack) 輸入盤 【CD】 [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 06時35分

» タイトルデザイン_50 Picture Mill『パッセンジャー(Passengers)』モルテン・ティルドゥム監督、クリス・プラット、ジェニファー・ローレンス、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。『パッセンジャー』Passengers 監督 : モルテン・ティルドゥム出演 : クリス・プラットジェニファー・ローレンスマイケル・シーンローレンス・フィッシュバーン、他物語・... [続きを読む]

受信: 2017年4月 4日 (火) 16時36分

» パッセンジャー/PASSENGERS [我想一個人映画美的女人blog]
キアヌとサンドラの傑作「スピード」のラストでは、「異常な状況下で生まれた恋はうまくいかない」 なんて言ってるけど、人間の心理ではこういう状況は「吊り橋の心理」と言って、 同じ恐怖体験や感覚を共にすると共感しあって親近感と共鳴で恋と勘違いしやすい。と...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 5日 (水) 00時09分

» 「パッセンジャー」 (2016) [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2016年・ アメリカ/コロムビア・ピクチャーズ=ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 原題:Passengers 監督:モルテン・ティルドゥム脚本:ジョ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 5日 (水) 00時26分

» パッセンジャー [象のロケット]
20XX年。 人類史上最大の移住計画によって、乗客(パッセンジャー)5000人と乗務員258人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が 地球を出発した。 目的地の惑星到着までの約120年間、全員が冬眠装置の中で眠っているはずだった。 ところが、エンジニアの男性ジムと作家の女性オーロラだけが、なぜか90年も早く目覚めてしまう。 途方もない危機的状況の中で、2人は惹かれ合っていく…。 SFアドベンチャー。 ≪目覚めたのには、理由がある―≫... [続きを読む]

受信: 2017年4月 6日 (木) 17時41分

» パッセンジャー★★★・5 [パピとママ映画のblog]
航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・...... [続きを読む]

受信: 2017年4月 6日 (木) 19時10分

» パッセンジャー [とりあえず、コメントです]
宇宙船の中で予定よりも早く目覚めてしまった男女の姿をジェニファー・ローレンス&クリス・プラット主演で描いたSFです。 予告編を観て、一体この宇宙船で何が起きたのだろうと気になっていました。 近代的な宇宙船にワクワクしながらも、二人の愛の行方を最後まで緊張しながら見守っていました。 ... [続きを読む]

受信: 2017年4月 9日 (日) 22時05分

» パッセンジャー [映画的・絵画的・音楽的]
 SFの『パッセンジャー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、恒星がたくさん見える宇宙空間を、宇宙船アヴェロン号が進んでいます(注2)。  アヴェロン号は、飛んでくる隕石などの障害...... [続きを読む]

受信: 2017年4月14日 (金) 07時14分

» 映画「パッセンジャー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあり [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『パッセンジャー(字幕版)』(公式)を 3/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。 ざっくりストーリー ※ネタバレ無し 近未来。新たなる居住地を目指して、5,000人の乗客(パッセンジャー)を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を出発した。全員が目的地の惑星到着までの120...... [続きを読む]

受信: 2017年4月14日 (金) 11時55分

« 「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画 | トップページ | 「未来よ こんにちは」:平熱のアンマリード・ウーマン »