« 「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話 | トップページ | 「T2 トレインスポッティング」:21年後のそれから »

2017年4月17日 (月)

「ゴースト・イン・ザ・シェル」:哲学から娯楽性へ

358781_007
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、あの押井守のアニメーション(士郎正宗原作)を実写映画にしたもの。そうですか、あの『攻殻機動隊』から22年ですか。まあ、現在のCGIやVFXをもってすれば、アニメ同様かそれ以上のクォリティの創作物を生み出せるわけですからね。

358781_005

  押井版は、かなりハイブラウで哲学的な作品でした。それに比べるとこちらはハリウッド版なので、わかりやすく娯楽性に富んでいます(あくまでも比較論なので、そうは言っても通常のハリウッド娯楽大作よりは随分とわかりにくかったりもしますけど・・・)。その割り切りは悪くないと思います。

358781_006
それにしても少佐=スカヨハの義体って、なんであんなにガタイ良さ目で、しかも全裸感たっぷりなのでしょうか? ナウシカの「はいてない」感と張り合っているのでしょうか? 「安心してください。着てますよ」なのでしょうか? でもまあ、サービス・ショットの類なのでしょうねえ。

358781_001

『ブレードランナー』の世界と地続きなアジア感たっぷりの作品世界、もろもろのプロダクションデザインもなかなか良きものでした。

バトーは、もっと威圧感のある大男が良かったですけどねえ。

エンド・タイトルを見ると、ビートたけしは「“BEAT” TAKESHI KITANO」という表記でした。なるほど。

|

« 「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話 | トップページ | 「T2 トレインスポッティング」:21年後のそれから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70292579

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴースト・イン・ザ・シェル」:哲学から娯楽性へ:

» ゴースト・イン・ザ・シェル〜翻訳機能付き登場人物 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Ghost in the Shell。士郎正宗原作、ルパート・サンダーズ監督。スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベ ... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 23時57分

» ゴースト・イン・ザ・シェル [Akira's VOICE]
オリジナル愛を込めてシーンを繋げた印象。   [続きを読む]

受信: 2017年4月18日 (火) 13時05分

» ゴースト・イン・ザ・シェル [象のロケット]
近未来。 脳以外は全身義体の少佐は、悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。 テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達しており、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙している。 捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。 自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと…。 人気SFアクション実写版。... [続きを読む]

受信: 2017年4月18日 (火) 17時40分

» よくも悪くもスカヨハ攻殻。~「ゴーストインザシェル」~ [ペバーミントの魔術師]
TwitterとInstagramのアイコンを草薙素子にしてるくらいですからそりゃもう大好きです。ただし、OVAは全く見ていなくて劇場版アニメオンリー。一番最初に公開された劇場版アニメ「攻殻機 ... [続きを読む]

受信: 2017年4月25日 (火) 01時09分

« 「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話 | トップページ | 「T2 トレインスポッティング」:21年後のそれから »