« 「無限の住人」:単調なチャンバラで飽きちゃう | トップページ | 「追憶」:オーソドックスな小品の味わい »

2017年5月10日 (水)

「スウィート17モンスター」:こじらせ映画史上の伝説となるか?

359558_004
映画『スウィート17モンスター』は、なるほど、こじらせちゃってますねー。あまりにも自意識過剰な17歳女子の主人公が、あまりにもイタイ映画です。ヘイリー・スタインフェルド演じる主人公の、ツッパッている面倒くささ! そしてジャケットのダサさ! いや、ヤバいっす。

359558_003

この人の過剰な自意識のおかげで、母も兄も親友も、みんな振り回されちゃいます。本人としても実はいろいろわかってるくせに、その辛い現実を直視しないばっかりに、ずぶずぶと沼にめりこんで行くのです。

359558_007
そんな彼女に救済を与えてくれる人物その1は、担任教師(ウディ・ハレルソン)。いやー、いい味出してますよ。『ナチュラル・ボーン・キラーズ』以来の当たり役なのでは?ってぐらいにキマってます。

そして救済を与えてくれる人物その2は、アジア系男子学生のアーウィン君。意外や彼が大金持ちの息子だったって設定もなかなかです。でも悪く取れば、「イケてない女子には、アジア系の男でもあてがっとけ」的な悪意が(無意識にせよ)あるのかもなどと、ちょっと気になってしまいました。

359558_009
それでも、こじらせ女子を描いた作品として、今後エヴァーグリーンになっていくのかも、後々まで引用されたり比較の対象になったりするのかもって気がいたします。 初監督作だというケリー・フレモン・クレイグ女史の今後にも期待できそうですが、ググってみたら結構な美人でした、この方。少なくとも主演女優よりはおきれいかと・・・。

|

« 「無限の住人」:単調なチャンバラで飽きちゃう | トップページ | 「追憶」:オーソドックスな小品の味わい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70527210

この記事へのトラックバック一覧です: 「スウィート17モンスター」:こじらせ映画史上の伝説となるか?:

» スウィート17モンスター [象のロケット]
憧れの彼への妄想は膨らむが男子と付き合った経験はなく、親友クリスタ以外に友達もいない、17歳の女子高生ネイディーン。 自分とは正反対で優等生の兄ダリアンを天敵だと思っていたのに、なんとダリアンとクリスタが恋人になってしまった! ショックを受けたネイディーンは、とんでもないことをやらかしてしまう…。 青春ドラマ。 ≪誰もがこじらせて大人になった≫... [続きを読む]

受信: 2017年5月13日 (土) 14時37分

» スウィート17モンスター ★★★ [パピとママ映画のblog]
「トゥルー・グリット」「ベアリー・リーサル」のヘイリー・スタインフェルドが、ままならない日常に空回りしてしまう痛々しくも愛すべき女子高生を好演し、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされるなど高い評価を受けた青春コメディ。共演はウディ・ハレルソ...... [続きを読む]

受信: 2017年5月16日 (火) 22時06分

« 「無限の住人」:単調なチャンバラで飽きちゃう | トップページ | 「追憶」:オーソドックスな小品の味わい »