« 「メットガラ ドレスをまとった美術館」:裏方の苦難の日々 | トップページ | 特別展「茶の湯」@東博 »

2017年5月 5日 (金)

「PARKS パークス」:もっと軽やかに、もっとミュージカルに

358030_011
映画『PARKS パークス』は、井の頭恩賜公園100周年記念映画なんですとか。そんなわけで、井の頭公園映画であり吉祥寺映画でもあります。桜の季節に始まり、桜の季節に終わる映画なのですが、ポスターや予告編映像のルックからもわかるように、爽やかな初夏の風が吹き抜けるような映画です。

358030_015

とはいえ、誰もが連想するように『はじまりのうた』を期待してしまうと、そこまではポップにできていないんですよねー。50年前の青春を絡ませながらの進行が意外とかったっるく、ことに後半はかなりけったいな事になってまいります。橋本愛が精神的にヤバくなっていくし、一種の幽霊譚みたいな雰囲気まで出て来ます。重いんです。もっとスカッと軽やかに作れないもんですかねえ。

358030_005(以降ネタバレあり) クライマックスと言えるライブ場面で、最悪のグダグダになってしまうところは、映画的にかなりキツかったです。それ以前にこの、あまりと言えばあんまりな「食中毒でバンドのみんながやられて、染谷だけ助かってる」って何? そんな脚本ってアリっすか??(いーのかしら?)

そもそも佐野史郎扮する成蹊大学教授が、授業に全然出ていなかった橋本愛に対する態度が甘過ぎですし、しまいには曲を作れば(プラス・メモ程度のレポート)卒業させてやるなんて・・・。いいのか、成蹊大?(いーのかしら?)

358030_001

それはそうと橋本愛とペアとなる永野芽郁が、「もしかして『あまちゃん』コンビの再共演を狙ってたの?」と思っちゃうほど、「のん」もどきの顔や雰囲気になってます。諸般の事情で「のん」(能年玲奈)を引っ張り出せなかったので、永野さんをこんな感じで使ったのかなどと妄想してしまいました。

この作品、どうせならもっとミュージカルにしてくれれば良かったと思うんですけどね。

|

« 「メットガラ ドレスをまとった美術館」:裏方の苦難の日々 | トップページ | 特別展「茶の湯」@東博 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70476590

この記事へのトラックバック一覧です: 「PARKS パークス」:もっと軽やかに、もっとミュージカルに:

» PARKS パークス〜若手美女の瑞々しい共演 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。瀬田なつき監督。橋本愛、永野芽郁、染谷将太、石橋静河、森岡龍、佐野史郎、柾木玲弥、長尾寧音、岡部尚、米本来輝、黒田大輔、嶺豪一、原扶貴子、斉藤陽一郎、 麻田 ... [続きを読む]

受信: 2017年5月 5日 (金) 23時14分

» PARKS パークス [映画的・絵画的・音楽的]
 『PARKS パークス』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)近くの井の頭公園を舞台にする映画ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、「prologue」の字幕。井の頭公園の真ん中にある大きな池(「井の頭池」)を巡る道を、主人公の純(橋本愛)が...... [続きを読む]

受信: 2017年5月15日 (月) 20時37分

« 「メットガラ ドレスをまとった美術館」:裏方の苦難の日々 | トップページ | 特別展「茶の湯」@東博 »