« 「美女と野獣」:エマにはシンデレラを・・・ | トップページ | セブンの激旨カフェラテ »

2017年5月23日 (火)

「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー <永遠の3秒>」:びっくりすること多し

T0021720p
映画『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー <永遠の3秒>』は、あの『パリ市庁舎前のキス』で知られるフランスの写真家ですが、この映画を観てびっくり。なんと、あの写真は劇団員の男女を使って撮った、いわば「やらせ」だったんですね。だとしても、そんなの関係ないと小生は思います。まあそのあたりは常に論争になる所ですが、大江戸は写真芸術における「演出」ってものには寛容なのです。

それはそうと、この写真って1980年代にポスターとして発売されるまでは、特に有名な作品ではなかったってことにびっくり。しかも『LIFE』誌に初めて載った時は、「その他大勢」扱いの小さな写真だったことにもびっくりです。

さらには、不勉強にしてこれまで知らなかったのですが、’68年頃にアメリカで撮られたカラーの写真集の存在にもびっくり。なんかモノクロ以外のドアノーって、別人の写真のような気がしてしまいます。

この監督さん(クレモンティ359478_001ーヌ・ドルディル)って、ドアノーの孫娘なんですね。だから家族のあれこれが多く扱われているってことかあ。

終盤に「日本パート」があって、びっくり。ドアノー作品のコレクターだとか、福島のドアノー展だとか、ドアノー写真の商業利用についてだとか・・・。商業利用について語っていた佐藤正子さんは、昔お仕事で関わったことのある方だったので、出て来た時にびっくりしました。「(ドアノーの写真を)下着に使いたい」ってオファーまであったそうで、その事実にもびっくりでした。

|

« 「美女と野獣」:エマにはシンデレラを・・・ | トップページ | セブンの激旨カフェラテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70652757

この記事へのトラックバック一覧です: 「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー <永遠の3秒>」:びっくりすること多し:

» パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒> [象のロケット]
誰もが憧れるロマンティックなパリのイメージを世界に広めた写真「パリ市庁舎前のキス」で知られる、フランスの写真家ロベール・ドアノー(1912〜1994)。 ドアノーの孫娘である監督クレモンティーヌ・ドルディルが、彼の人生と創作の秘密を、撮影風景やインタビュー、資料映像を交えて明かしていく人物ドキュメンタリー。 ≪この瞬間に 世界中が恋をした。≫... [続きを読む]

受信: 2017年5月25日 (木) 20時51分

« 「美女と野獣」:エマにはシンデレラを・・・ | トップページ | セブンの激旨カフェラテ »