« もえあず、爆食女王3連覇達成! | トップページ | 「カフェ・ソサエティ」:腹八分目の伝統芸能 »

2017年5月15日 (月)

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」:二人に共感できなくて・・・

359403_001
映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、石井裕也監督久々の新作。原作は詩だっていうのが、ユニークです。そして東京映画というか、渋谷と新宿の映画だったりもします。ロケーションが生々しく、現在の東京を捉えます。なんだか’70年代のATG映画が匂います。

359403_003

東京に弾き飛ばされそうな人たちを描いているのですが、正直相当にめんどくさい方々です。大江戸の場合、本作に関してはその魂に共感することはなく、ただ「うわー、これだと生き辛いよねー」「無理に東京になんかいない方がいいんじゃないのー?」との思いを禁じ得ませんでした。ぶつぶつ言いながら東京に居続けるのって、不幸な事ではないでしょうか?

359403_002

かなり評価されている石橋静河ですが、なんと石橋凌と原田美枝子の次女なんですってね。『PARKS パークス』にも出てましたけど、全然知りませんでした(そもそも、石橋、原田が結婚していたことさえ「あれ、そうなんだっけー?」って感じでしたから)。 池松君は、常にいつもの池松君芝居です(たとえ「強迫神経症的にしゃべりまくる」という技を入れたとしても)。 むしろ脇を固める田中哲司や佐藤玲やポール・マグサリンの方がいい味出してました。

359403_004

現代日本の社会問題をあれもこれもと詰め込んで、物語を成り立たせております。でも、詰め込み過ぎで、みんな表層的になっているのではないでしょうか?

ストリート・シンガー役の野嵜好美が、あまりにもあちこちに居過ぎます。「またかよ?」て感じで、笑っちゃいます。しかも単純に「がんばれがんばれ」言われたってねえ・・・。 そして、最後の彼女がらみの「神の降臨」シーンは、これまたちょっと笑っちゃうというか、作り過ぎている感じでした。

何ヶ所かで使われているスプリット・スクリーンは、(久々に見ると新鮮で)良かったですけどね。

|

« もえあず、爆食女王3連覇達成! | トップページ | 「カフェ・ソサエティ」:腹八分目の伝統芸能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70574822

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」:二人に共感できなくて・・・:

» 夜空はいつでも最高密度の青色だ [映画的・絵画的・音楽的]
 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』を渋谷ユーロスペースで見ました。 (1)これまでその作品を色々見てきた石井裕也監督が制作しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、タイトルが流れた後、ビルの夜景。次いで、早朝の皇居周辺のジョ...... [続きを読む]

受信: 2017年5月24日 (水) 21時09分

» ショートレビュー「夜空はいつでも最高密度の青色だ・・・・・評価額1750円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
この街は、無数の色の集まりだ。 未見性に満ちた、驚くべき作品である。
 現時点での、今年の邦画ベストと言える傑作だ。 
日雇いの建設作業員として働く池松壮亮と、昼は看護師、夜はガールズバーの店員の二重生活を送る石橋静河が、1000万人が暮らす巨大都市・東京で邂逅を繰り返す。 本作の原作となっているのは、最果タヒの同名詩集。 詞の映像化自体はそれほど珍しくない。 「ベオウル...... [続きを読む]

受信: 2017年5月24日 (水) 22時12分

« もえあず、爆食女王3連覇達成! | トップページ | 「カフェ・ソサエティ」:腹八分目の伝統芸能 »