« 「スウィート17モンスター」:こじらせ映画史上の伝説となるか? | トップページ | 「午後8時の訪問者」:監督も主人公もダウナーで辛い »

2017年5月11日 (木)

「追憶」:オーソドックスな小品の味わい

358365_006
映画『追憶』は、なんで『追憶』なのかタイトルがピンと来ませんねえ。まあ、変なサブタイトルをつけ足したりしてないのは潔いと思いますけど。降旗康男×木村大作コンビと言えば、2時間20分ぐらいになってしまいそうな印象ですが、さしものパワフルな二人も枯れて来ましたね。「小品」と言ってもいい感じの作品です。99分だし、なんか「小体(こてい)」なのです。主演男優も小柄ですしね。

358365_002
観る前は、かなり高齢の降旗×木村コンビで、このキャスティングで、あの予告編で・・・ってことで、大江戸的にはほとんど期待していなかったのですが、いや、思ったほど悪くありませんでしたよ。むしろ小品の良さを持った作品になっていました。今日び、こういう作品ってなかなか作られませんもん。そもそも企画が通らないし、通ったとしてもこういう伝統工芸風には作れません。

358365_001
当世の映画とは思えぬほど「古めかしい」空気が流れているのですが(例えば『砂の器』みたいな)、でも「古くさい」わけではないのです。オーソドックスと言うべきでしょうか。途中まではどっちに転ぶか?って感じでしたが、終盤の良さでちょっといい佳品としてまとまりました。

358365_004

疑問としては、現代パートの安藤サクラがどうして老けメイクなしのお肌つるつるなのか?ってこと。設定だと50歳以上でしょうし、吉岡秀隆の方は老けメイクになっているのにね。ただ最後の方のアップを見てて思ったのですが、もしかしたら「能面」なのかなあ。彼女の顔が感情の現れない無表情のようでいて、実はさまざまな思いを投げかけて来るあたりが能面みたいですし、実際に「若女」の面に似ているなあと感じました。ここだけはリアリズムを離れて、象徴、ファンタジーの世界なのかも・・・と。

|

« 「スウィート17モンスター」:こじらせ映画史上の伝説となるか? | トップページ | 「午後8時の訪問者」:監督も主人公もダウナーで辛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70536131

この記事へのトラックバック一覧です: 「追憶」:オーソドックスな小品の味わい:

» 追憶(2017)〜予め外されていた梯子 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。降旗康男監督。木村大作撮影。岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、 ... [続きを読む]

受信: 2017年5月12日 (金) 00時26分

» 追憶 [映画的・絵画的・音楽的]
 『追憶』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)岡田准一と小栗旬の競演が見られるというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪が激しく舞い落ち、港には漁船が並び、波が岸に打ち寄せています。荒波が岩にあたり、カモメがたくさん飛んでいます(...... [続きを読む]

受信: 2017年5月13日 (土) 06時19分

» 追憶 [象のロケット]
1992年、能登半島。 親に捨てられた13歳の四方篤、田所哲太、川端悟は、仁科涼子が営む軽食喫茶「ゆきわりそう」に身を寄せ、常連客の山形光男と共に、家族のような毎日を送っていた。 しかしある事件をきっかけに、少年たちは離れ離れになってしまう。 …25年後、富山県警捜査一課の刑事となった四方篤は、無残な遺体となった川端悟と再会を果たす。 浮かび上がった容疑者は、田所哲太だった…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2017年5月13日 (土) 15時28分

» 追憶 [風情の不安多事な冒険 Part.5]
 日本  ドラマ&ミステリー  監督:降旗康男  出演:岡田准一      小栗旬      柄本佑      長澤まさみ 【物語】     (シネマトゥデイ)  富山県警捜査一 ...... [続きを読む]

受信: 2017年5月13日 (土) 21時41分

» 追憶 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
岡田准一、小栗旬、柄本祐、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラという実力のある若手が実に重厚なドラマに挑戦した。北陸の厳しい冬の海のように過酷な環境に置かれた子供たちが大人になっても、厳しい現実と向き合うドラマだ。... [続きを読む]

受信: 2017年5月13日 (土) 23時55分

» 追憶  監督/降旗 康男 [西京極 紫の館]
【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含む三人は、幼少期に親に捨てられ、共に過ごした関係だった。会社と家族のために金策に奔...... [続きを読む]

受信: 2017年5月14日 (日) 16時45分

» 映画「追憶」 [FREE TIME]
映画「追憶」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2017年5月21日 (日) 19時31分

» 『追憶』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「追憶」□監督 降旗康男□原案・脚本 青島武 瀧本智行□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃■鑑賞日 5月14日(日)■劇 場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>守っ...... [続きを読む]

受信: 2017年5月23日 (火) 12時30分

» 「追憶」☆様々な形の愛 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもったテーマ曲だったかも☆... [続きを読む]

受信: 2017年5月31日 (水) 17時17分

» 「追憶」旧友が殺された先にみた25年前の事件と向き合う2人の旧友背負った贖罪 [オールマイティにコメンテート]
「追憶」はかつての友人3人がある事件をキッカケに別れてから25年の月日を経て再び再会した3人だったが1人の友人が殺害された事で25年前の事件が再び向き合う事になるストーリーであ ... [続きを読む]

受信: 2017年6月 4日 (日) 14時39分

« 「スウィート17モンスター」:こじらせ映画史上の伝説となるか? | トップページ | 「午後8時の訪問者」:監督も主人公もダウナーで辛い »