« U-20日本代表、決勝トーナメントへ! | トップページ | U-20日本、ベスト16で敗退 »

2017年5月29日 (月)

「台北ストーリー」:’80年代の時代感

359634_001
映画『台北ストーリー』は、故エドワード・ヤン監督の1985年作品(映画祭以外では、日本初公開)。当時の台北を舞台にしたモダーンな、そしてエドワード・ヤンらしい都市型の作品です。

とにかく’80年代中頃の時代感がスゴイです。スーツやメイクや髪型や大型ウェリントン(アラレちゃん風)メガネ・・・などなど。東京と台北の風俗に大きな差はありません。人々は家の中でも、車の中でも、普通にタバコを吸ってます。

359634_004

街や時代を映像として焼き付けながら、結局は人間の暮らし、人間の生き方を描くことが主眼。この時代の人って、こんな風に生きていたんだねという貴重な資料になるであろうフィルムです(デジタル4K修復版だけど)。

359634_002

主役の女性は後にエドワード・ヤンと結婚(&離婚)した人(ツァイ・チン)。男性はなんとホウ・シャオシェンです。この若きホウ・シャオシェンが「丸顔のくせにニヒル」って感じのやつで、途中から村上春樹に見えてしょうがありませんでした。この男女が、村上作品の男女っぽいんですよね、言動というよりは雰囲気が。男がやけにケンカっ早いところは、いただけませんが。でも、やはり都会派です。

359634_005
終盤の夜の街をバイク群が疾走する場面は、『フェリーニのローマ』そっくり。でも短めだったので、もっと長く観ていたかったです。

(以降ネタバレあり) 最終盤でホウ・シャオシェンに起こる出来事は、なんだか『太陽にほえろ』のマカロニ刑事の最期みたいでした。腹を刺されても最初気がつかないところとか、血まみれの手でタバコを吸うところとか・・・。エドワード。ヤンは、ひょっとしてあれを見ていたのではないかなあ?

|

« U-20日本代表、決勝トーナメントへ! | トップページ | U-20日本、ベスト16で敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70710175

この記事へのトラックバック一覧です: 「台北ストーリー」:’80年代の時代感:

« U-20日本代表、決勝トーナメントへ! | トップページ | U-20日本、ベスト16で敗退 »