« W杯予選イラク1-1日本のくやしさ! | トップページ | 「ラプチャー 破裂」:もっとバカやってよ! »

2017年6月15日 (木)

「20センチュリー・ウーマン」:リベラルであけすけでしみじみ

359589_004
映画『20センチュリー・ウーマン』は、原題だと“20th Century Women”。3人の女性が描かれ、「ウィミン」と複数形になっているところがミソなのですが、邦題だと「ウーマン」になっちゃってますね。ま、しょうがないか。

女性たちの物語であり、母と息子の物語であり、男の子の物語でもあります。でも一番の中心はおっかさん(アネット・ベニング)です。

359589_002

時代は1979年。登場人物たちには、ヒッピーからの余韻が残留しているというか、自由でリベラルな方々です。そんな中で、パンクとニューウェイヴの争いがあるとか、フェミニズム思想の本があれこれ出て来るとか、いやー、時代色たっぷりです。もう’80年代ってのは、十分に「時代劇」なんですね。当たり前? 個人的には映画『コヤニスカッティ』の一場面が出て来たのが、ツボでした。

359589_007

ものすごくあけすけなセックス・ネタがいろいろあったり、「あー、家族って面倒臭いなあ」「疑似家族も面倒臭いなあ」と思わせたりもするのですけれど、最終的には結構しみじみさせます。そこがお値打ち。(以降ややネタバレあり) ラスト・カットの飛行機の運転席にいるおっかさんの絵なんて、妙にしみじみしちゃいました。

359589_005
エル・ファニングはもう堂々たるものですね。本作でも(『ネオン・デーモン』や『夜に生きる』ほどではないものの)印象的でした。今年上半期は「エルちゃん祭り」でしたね。 またエルとは対照的な個性のグレタ・ガーウィグも、実に良いのです。そしてアネット・ベニングの素晴らしさは、申すまでもありません。 男2人も含めて、「アンサンブル演技賞」を進呈したい感じなのであります。

|

« W杯予選イラク1-1日本のくやしさ! | トップページ | 「ラプチャー 破裂」:もっとバカやってよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70873568

この記事へのトラックバック一覧です: 「20センチュリー・ウーマン」:リベラルであけすけでしみじみ:

» 映画:20センチュリー・ウーマン 20th Century Women 1979年、ニューウェーブ、アネット・ベニング。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
映画監督が自分の青春時代を描きたい、は「アメリカングラフィティ」をはじめ、よくあるプロット。 今回はマイク・ミルズ監督がそれに挑戦。 タイトルにもあるように、時代は20世紀。 しかもピンで1979年、ときたもんだ。 物語が始まりまず気づくのが音楽。 ちょうど商業ロックに対抗し、ニューウェーブと呼ばれる音楽群が次々と。 トーキング・ヘッズがまず登場。しかもファーストアルバムのマイナーな曲! そしてボウイ、スーサイド、DEVO、バズコックス etc...... [続きを読む]

受信: 2017年6月16日 (金) 05時33分

« W杯予選イラク1-1日本のくやしさ! | トップページ | 「ラプチャー 破裂」:もっとバカやってよ! »