« いくつかのシュークリームについて | トップページ | CKBライブ@渋谷クアトロ »

2017年6月24日 (土)

「LOGAN ローガン」:今日的な西部劇

359476_003
映画『LOGAN ローガン』は、ウルヴァリン有終の美とも言える良作。大江戸が一番うれしかったのは、ローガンが老眼鏡をかけるシーンが何度もあること。数ヶ月前にこのタイトルを聞いた時から、頭の中では「老眼」と変換されていただけに、「日本のファンへのサービスですかい?」って感じに感銘を受けました(←なんだそりゃ?)。いや、そこらへんもウルヴァリンにとっての「白鳥の歌」にふさわしいってことで。

359476_005

大江戸はこれまで『X-MEN』シリーズは第1作、第2作を観て、あまりのつまらなさにその後観るのをやめてしまい、近年になって(おバカ怪作っぽかたので)『ウルヴァリン SAMURAI』だけは観ております。この『LOGAN ローガン』はやけに評判が良いので、観てみました。なるほど面白いし、古典的な映画らしい映画になっています。やはりVFXと派手なアクションやドンパチだけをひたすらつなげていく作品では今や食傷気味ですから、どうしても物語の展開やキャラクターの魅力と掘り下げが重要です。本作ではそこがきちんと出来ています。

359476_002

物語は平明過ぎるほどシンプルですが、娯楽映画にとってそれはむしろ強みです。キャラクターはウルヴァリンのみならず、少女ローラ(ダフネ・キーン)の存在が強力です。彼女の不機嫌フェイスから獰猛フェイス、クールなおすましフェイス、そして垣間見せる「おんなのこ」フェイスへの変化とか、素晴らしい身体能力とか、・・・大器の予感がします。この少女とR-15指定のヴァイオレンスとのギャップも、本作のインパクトであり魅力とも言えるでしょう。

359476_001

作中にフッテージが登場し、その台詞が重要なポイントとして使用される『シェーン』を持ち出すまでもなく、この映画には西部劇の匂いがぷんぷんします。シンプルな悪役、悪からの逃走、弱者を守ること(しかもわが身を捨てて何かを守ること)、人を殺めたら修羅道に堕ちる、犠牲の果てに次代が築かれる・・・などなど。しかし、そこで強調されるのはフロンティアの拡大などではなく、システムの側の利を守るための非常な囲い込みと弾圧です。そのあたりが、いかにも今日的な作品となっているのです。

マーヴェル作品なのに、エンドタイトル後のオマケ映像がありませんでした。それも含めて「孤高」な感じがいたしますよね。

|

« いくつかのシュークリームについて | トップページ | CKBライブ@渋谷クアトロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70948669

この記事へのトラックバック一覧です: 「LOGAN ローガン」:今日的な西部劇:

» 映画『LOGAN/ローガン』★愛する者を守る“ウルヴァリン”の雄姿は永遠です [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/171289/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 X-MENのウルヴァリン♪ 待ってました!と思ったら、どうも最後の予感……(汗) R15なのは、ゾンビ映画かと思うほどの、エグいシーンか… 高い治癒能力を持ったウルヴァリンは 特殊能力を持った、ミュータントのいない“はず”の世界...... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 12時55分

» LOGAN/ローガン [象のロケット]
ミュータントがほぼ絶滅し荒廃した近未来。 ローガン(通称:ウルヴァリン、本名:ジェームズ・ハウレット)は、驚異的な身体能力と治癒能力を失いつつあった。 そんなある日、ローガンは看護師だという女性から、ローラという謎めいた少女をノースダコダまで送り届けて欲しいと頼まれる。 強大な武装組織の襲撃を受けながら、ローガンと少女ローラ、そして年老いたチャールズ・エグゼビアの3人は、車で荒野を旅することに…。 近未来SFアクション。 ≪少女と刻んだ、最後の爪跡≫... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 13時52分

» 劇場鑑賞「LOGAN ローガン」 [日々“是”精進! ver.F]
ラストローガン… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706010001/ 【メール便送料無料】Marco Beltrami (Soundtrack) / Logan (輸入盤CD)【K2017/3/31発売】(サウンドトラック)価格:2490円(税込、送料別) (2017/5/...... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 13時59分

» "最後のウルヴァリン"『LOGAN ローガン』ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、ダフネ・キーン、パトリック・スチュワート、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。『LOGAN ローガン』監督 : ジェームズ・マンゴールド出演 : ヒュー・ジャックマンダフネ・キーンパトリック・スチュワートボイド・ホルブルックスティーヴン・マーチャン... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 17時18分

» 映画:ローガン LOGAN  Xメンシリーズ最人気キャラ、最後の闘い。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
渡米中、まず観ようと思っていたのがコレ! こちらでの評判も良いし、宣伝で「今作はこのシリーズのダークナイトだ!」とあり、グッときた(笑) 近未来(年は出てこなかったような気がする) プロフェッサーXを連れ、逃亡中のウルヴァリン。 だが2人とも疲労...... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 18時05分

» LOGAN/ローガン〜トランプに迫害されたミュータント? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Logan。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、ダフネ・キーン、 ... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 18時48分

» LOGAN ローガン・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ヒーローは、決して死なない。 ヒュー・ジャックマンが、17年間演じ続けた孤高の"X"有終の美。 ミュータントが滅びつつある近未来を舞台に、ワケありの少女ローラを守ることになった、ウルヴァリン最後の戦いが描かれる。 ジェームズ・マンゴールド監督は、前作「ウルヴァリン:SAMURAI」から続投。 あるキャラクターを描く完結編として、これ以上は考えられない素晴らしい仕上がりで、「アベン...... [続きを読む]

受信: 2017年6月24日 (土) 22時31分

« いくつかのシュークリームについて | トップページ | CKBライブ@渋谷クアトロ »