« 「パトリオット・デイ」:(娯楽)映画らしい映画 | トップページ | 「山田孝之 3D」:もっと突き抜けないと・・・ »

2017年6月18日 (日)

「おとなの恋の測り方」:小さいという個性

359493_001
映画『おとなの恋の測り方』は、まあほぼ予告編通り、想像通りの作品。「身長136㎝の小男のラブストーリー」という一言で言い得てしまいます。でも一言で語れる映画じゃないと当たらないなんて事も言われてますので、悪いことではありません。その場合、何を語るかではなく、どう語るかが問われることになります。

359493_004

あのデカそうなジャン・デュジャルダンが小男を演じるのがミソ。でも小さく見せるCGでは、そのまま縮小してるわけではなく、妙に頭が大きいプロポーション、つまり子供体型になっておりまして、きちんと工夫してるってわけです。そこらへんがカワイイので、(ベッキー演じる「木部さん」みたいな)メガネの秘書さんが「カワイイ♡」ってなっちゃうんでしょうね。

359493_007
でもCG以外の撮り方の工夫で小さく見せている所もたくさんあります。これひざまずいてるんだろうなあとか、これ相手を台に乗せてるよねってなシーンも多いのです。ただ、その時は頭と胴体のプロポーションが普通の大人だったりするので、他のシーンとの違和感がちょっと出てしまいます。

359493_003_2

作中に彼の背の低さを嘲笑する人たちが何人も出て来ます。日本人だとここまで言葉や態度に出さないのではないでしょうか? やっぱりフランス人って、露骨に差別しそうですもんねー(←偏見? その一方では移民の国でもあるのですが)。だからこそ、「障害は君の心の中にある」って言葉が一番印象的なのでした。主人公自身も、「個性」だと言っています。

そういえば、卓球の果し合いはどうなっちゃったんでしょうか?

|

« 「パトリオット・デイ」:(娯楽)映画らしい映画 | トップページ | 「山田孝之 3D」:もっと突き抜けないと・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70900310

この記事へのトラックバック一覧です: 「おとなの恋の測り方」:小さいという個性:

» おとなの恋の測り方 / Un homme a la hauteur [勝手に映画評]
離婚して、すっかり恋から離れていた敏腕女性弁護士が、携帯電話を落としてしまった事を切っ掛けに、知的でユーモラスであるが、身長がディアーヌよりもだいぶ低い男性と出会う、ラブコメディ作品。 ジャン・デュジャルダンが、身長132cmしかない男性を演じていますが、...... [続きを読む]

受信: 2017年6月19日 (月) 21時11分

» おとなの恋の測り方 [象のロケット]
女性弁護士ディアーヌは、ひょんなことから見ず知らずの男性建築家アレクサンドルと電話で話し好感を覚える。 翌日、初めて顔を合わせたアレクサンドルは、何と彼女の肩ぐらいの身長しかない小男だった! ショックを受けたものの、積極的にアプローチしてくる彼に次第に魅せられていくディアーヌ。 だが、そんな2人に周囲の風当たりは強かった…。 ラブ・ストーリー。 ≪オトコの価値は、何で決まる?≫... [続きを読む]

受信: 2017年6月23日 (金) 10時21分

« 「パトリオット・デイ」:(娯楽)映画らしい映画 | トップページ | 「山田孝之 3D」:もっと突き抜けないと・・・ »