« 「海辺のリア」:まさに仲代達矢の一人舞台 | トップページ | 日本1-1シリア、じれったいなあ »

2017年6月 6日 (火)

「夜に生きる」:コクとキレがある

359056_001
映画『夜に生きる』は、ベン・アフレック脚本&監督&主演による’20年代ギャング映画。本当にベンは、コクのある映画らしい映画を撮りますね。映像的には、『ゴッドファーザー』を思わせるような光と影と質感。ぶかぶかスーツに代表されるような衣装の時代再現もあれば、クラシックカーによるカーチェイスや銃撃戦の描き方のクォリティの高さもあって、まさにすべてのパートが上質な作品となっています。描写にキレがあるのです。

359056_003

役者たちも上質で、主演のベン・アフレックをはじめ、皆(演技的に)スキがありません。特に父娘を演じたクリス・クーパーとエル・ファニングが、助演賞ものの見事さ。エルは今、輝いています。後半のカリスマ聖女的なオーラの発散は、驚くべきもの。そこに童女のイノセンスも残っているあたり、無敵です。

359056_009
またイタリア・ギャングのボスもアイリッシュ・ギャングのボスも、その世界の人の怖さをものの見事に表現していて、ハンパなくコワかったっす。そこらの説得力が違うので、銃撃戦の迫力もハンパないのです。

359056_007
多くの人がクリント・イーストウッドの後継者と目しているベン・アフレック。確かにムービーメイカーとしての手腕は、あの方に並ぶものかも知れません。しかもベンにはまだこれからの「伸びしろ」がありますからね。「コクとキレ」を更に磨きながら、更なる地平に進んでもらいたいものです。

|

« 「海辺のリア」:まさに仲代達矢の一人舞台 | トップページ | 日本1-1シリア、じれったいなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70785248

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜に生きる」:コクとキレがある:

» 『夜に生きる』 ベン・アフレックの白スーツが気になる [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『アルゴ』でアカデミー賞作品賞を獲得したベン・アフレック監督の最新作。  原作は『ミスティック・リバー』などの原作も手がけているデニス・ルヘインの同名小説。  禁酒法時代末期、ギャングの世界で名を挙げていく男の一代記。戦争から帰ってきたジョー(ベン・アフレック)は、戦場で善人ばかりが死んでいくのを見てきた。ルールを作る奴らはそれを守らない。だから自分は無法者として誰の支配も...... [続きを読む]

受信: 2017年6月 6日 (火) 23時21分

» 夜に生きる★★★・8 [パピとママ映画のblog]
警察一家の父親とその息子たちを巡る激動の一大サーガを綴った人気ミステリー作家デニス・ルヘインの傑作三部作の一編を「ザ・タウン」「アルゴ」のベン・アフレック監督・主演で映画化した犯罪ドラマ。禁酒法時代を舞台に、警察一家に生まれながら裏社会でのし上がってい...... [続きを読む]

受信: 2017年6月 8日 (木) 16時36分

» 夜に生きる [象のロケット]
1920〜30年代の禁酒法時代のアメリカ。 青年ジョーは、ボストン警察幹部の父親を持ちながら、仲間と強盗を繰り返していた。 街では2大勢力であるアイルランド系とイタリア系のギャングが対立していたが、誰にも支配されたくないジョーは組織に入る気などなかった。 ところが、一方のボスの愛人エマと恋におちたことから、ジョーの人生は激変する。 夢と野望を叶えるため、彼にはギャングとしてのし上がる道しか残されていなかった…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2017年6月 9日 (金) 09時50分

» 夜に生きる/LIVE BY NIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」「アルゴ」ときて、 ベン・アフレック監督脚本最新作 禁酒法時代のボストンを舞台に、警察官の父親のもとに生まれながら裏社会でのし上がっていく一人の男の愛と野望のその先は。 主演、監督、脚本、プロデュース全てをこなすベン。カッコよすぎ プロデューサーには、レオナルド・ディカプリオ。(出演はなし) ベン演じるジョーが、対立組織のボス(ジイさん)の娼婦と恋に落ちたために命がけで生きることとなる。 演じるシエナ・ミラーは最初誰だか気づか... [続きを読む]

受信: 2017年6月11日 (日) 01時18分

« 「海辺のリア」:まさに仲代達矢の一人舞台 | トップページ | 日本1-1シリア、じれったいなあ »