« 「残像」:アンジェイ・ワイダの力強い遺言 | トップページ | 「LOGAN ローガン」:今日的な西部劇 »

2017年6月22日 (木)

いくつかのシュークリームについて

Dsc_1236

大江戸はシュークリーム好きなので、久々ながら小特集です。

シュークリーム専門店「シュクリムシュクリ」の『シューシュクリ』という名のシュークリーム。悪くはないのですが、クリームがイマイチ。小生はこってりカスタードが好きなので、こいつはさっぱりし過ぎてて、おまけに酸味も少々。こういう方向は好みではないのです。『カフェモカ』も同じ傾向なので、まあそんな感じでしょうねってところ。ニューウェイヴ系のシュークリームって、まず成功しませんね(大江戸的には)。

Dsc_1360
で、こちらはオールドウェイヴ派の文明堂が珍しくも(たぶん)出していたシュークリーム。珍しいですよねえ? 検索しても出て来ませんもん。これ、カスタードは黄色っぽくて正統派。けっこう好きなタイプです。でも残念ながら、シュー皮じゃなくて、パイ生地が殻になっているのです。そんなことはしてくれなくていいんだけどなーー。残念です。200円で大ぶりというお得感もあるのに、とっても残念です。

Dsc_1314

てなわけで安定感があるのは、やはりローソン「ウチカフェ」の『カスタード シュークリーム』。

まあ間違いのない味ではあります。カスタードが少々てろっとたよりないのが難点。大江戸的には、もっとタマゴ感たっぷりの黄色い濃厚カスタードが好きなのです。これよりは高くても、「やっぱりコージーコーナーの方がいいよね」ってなっちゃうのです。

Dsc_1315_2

Dsc_1269

そして最後には変わり種を。

ビアードパパの『飲むシュークリーム』! これJR神田駅ホームのドリンク自動販売機で売ってました(130円)。

Dsc_1270

期待して飲んだのですが、・・・「うすっ!」。そう、写真の感じでも想像がつくように、さらりと薄味なんです。薄~いミルクセーキみたいな飲料でした。 「シュークリーム」と言うからには、もっと濃厚カスタード感覚でないと! しっかりしてくれよ、ビアードパパ!と言いたい代物なのでした。

教訓:やはりシュークリームは食べる物。

|

« 「残像」:アンジェイ・ワイダの力強い遺言 | トップページ | 「LOGAN ローガン」:今日的な西部劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/70938576

この記事へのトラックバック一覧です: いくつかのシュークリームについて:

« 「残像」:アンジェイ・ワイダの力強い遺言 | トップページ | 「LOGAN ローガン」:今日的な西部劇 »