« 「彼女の人生は間違いじゃない」:さりげなさと演出の力量 | トップページ | 「メアリと魔女の花」:原発への警鐘映画 »

2017年7月18日 (火)

「忍びの国」:あーあ、やれやれな失敗作

356895_001映画『忍びの国』は明らかに失敗作。おふざけなんだかシリアスなんだか、何を描いて何を訴えたいんだか、よくわかりません。まあ、中村義洋監督って、昔っから良い作品と悪い作品のムラがあり過ぎる人でしたからねえ(概して、大作を撮ると失敗してました)。今回はかなりドイヒーでした。

356895_003

とにかく大野智演じる主人公「無門」が、「いくら何でもこんな忍者いないだろー」ってぐらいに現代的で無気力でふざけたキャラ。肝腎のアクション・シーンも、それなりに撮っている一方でおふざけトーンが入って来ますからねえ。そういうこともあって、なんだか全編が往年のTBS『かくし芸大会』の中のドラマみたいな感じでした。やれやれ。 そもそも大野君って、役者としては致命傷なほど声が悪いので・・・。

356895_004
石原さとみもまた何だかよくわからないキャラクターで、いったい何を目指しているのか、夫をどうしたいのか、そもそも夫を愛しているのかそれとも・・・といったあたりの大切な描写がきちんと行われずに、ブレブレのキャラになっておりました。あーあ。

こんな二人を軸にしたドラマなので、正直「どうでもいい」と思ってしまうのです。二人の間の愛だか何だかの感情が、まったく伝わって来ないのです。

356895_006

力の抜け過ぎた大野智とは対照的に、鈴木亮平がもう血管切れそうなほどの力の入れよう。   更には國村準さんなんか、本作のトーンとは相容れない見事なシリアス演技。なんだかもったいない気がいたしました。

クライマックス?の大野と石原の愁嘆場って、日本映画によくある「この状況で、そこまでゆっくり長々と話しますか?」って場面。そんなことやってたら、周囲の連中が襲って来るだろうにという疑問を封じ込めながら、感動の(?)長芝居が続くのです。あーあ、やれやれ。

|

« 「彼女の人生は間違いじゃない」:さりげなさと演出の力量 | トップページ | 「メアリと魔女の花」:原発への警鐘映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71176564

この記事へのトラックバック一覧です: 「忍びの国」:あーあ、やれやれな失敗作:

» 忍びの国 [象のロケット]
戦国時代。 伊賀の国(現在の三重県西部)に有力な大名は存在せず、小さな豪族(忍者衆)が内輪争いをしながらも「伊賀惣国一揆」という集団を結成し、一致団結して外敵を駆除していた。 織田信長の次男・信雄は、父に相談することなく伊賀攻めを開始。 伊賀一の凄腕ながら怠け者の忍者・無門は、女房・お国に尻を叩かれ、やむなく戦いに参加することに…。 アクション時代劇。... [続きを読む]

受信: 2017年7月19日 (水) 08時27分

» 『忍びの国』('17初鑑賞72・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:25の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017年7月23日 (日) 13時41分

» 忍びの国★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』などの中村義洋。中村監督作『映画 怪物くん』などの大野智が、怠け者ながら腕は確かな主人公の忍者を演じる。大野の体を張ったアクションや、武力だけに頼らず知略を駆使した戦いの行方に目を奪われる。ナレーションを山崎努が務める。共演は石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、伊勢... [続きを読む]

受信: 2017年7月24日 (月) 16時45分

» もっとコメディかとおもってた。~「忍びの国」~ [ペパーミントの魔術師]
かっこよかったわ~。大善。(そこ?(;^_^A) しっかし、弓のでかさも半端ないが、その弓で大木倒しちゃうのかよ。びっくりだったわよ。 もっと理不尽な理由で皆殺しに来るのかと思ったら 信雄も大善もなんていうかむちゃええひとに描かれてるのな。 信雄の情けなさすらいとおしく見えるのだから。 しゃ~ないな~働いてやろうじゃないのっていう大善がやっぱかっこいい。(そこ?...... [続きを読む]

受信: 2017年7月27日 (木) 23時31分

« 「彼女の人生は間違いじゃない」:さりげなさと演出の力量 | トップページ | 「メアリと魔女の花」:原発への警鐘映画 »